オーディオデザインのototen音展2017はこんな感じでした 

先週末5/13-14に東京フォーラムで開催された音展2017が終わりました。

 

セッティングと当日の様子

当日セッティングはこんな感じです。この部屋はG609という場所で正方形の部屋で、ほぼ正方形の形で39m2です。個室の中では最も小さい方です。

オーディオデザインototenスピーカーはDynaudionoのC4とエラックのBS312が見えています。

この部屋の音響特性は普通で、悪くはありません。ただ定在波の影響か100Hzあたりにボンツキが感じられました。それでも昨年のAudioBaseの部屋(まるで残響室の様)よりは遥かに良かったです。

本来ならSPと椅子の距離をもう少し離したかったのですが(C4は離れて聴くもの)、距離が取れませんでした。

音展のデモにつて

デモの進め方は主にC4を鳴らし、最後に小型のSPを鳴らすという手順で行いました。C4よりもBS312やkenwoodのKsシリーズのSPの方が皆さんの反響は大きかったようです(C4でよくても驚きはしないというか)。エラックはDynaudioよりも皆さんに馴染みがあるので、「これまでに聴いたエラックとはまったく違う」と(いい意味で)驚かれた方も多くいらっしゃったようです。Kenwoodの方もこのSPからこんな音が出るなんて、アンプがよほどいいんだなーという声があったそうです。

場所がいいだけあって、常時10-15名程度コンスタントにお客様にいらっしゃって頂いた様です。

音展の「感想」

ただ音展はカーやAV系のお客様も来るのでもう少し来てくれても良かったのになーと言う感じです。今回の来場者数の速報では13000人だそうで、前回2015年(2016はなかったので)の約2万人弱(お台場開催)よりも遥かに減っています。場所が良くなっていることを考えると半減位のかんじですかね。

音展のイベントも音楽の演奏なんかに力を入れていたようですが、”生音楽を聴く人”と”オーディオ装置に凝る人”というのはまったく層が別なので、生演奏で集客してても意味が無いというか、ただの無駄遣いにしか思えないのですがどうなんでしょう。

ハイレゾペケペケの話も展示会でやらなくてもなーという感じです。

音展はオーディオ協会が主催していますが、当社はオーディオ協会の会員ではないので(法人年会費40万円は高すぎて・・・)、あまり偉そうなことはいえないのですが。

音展のトラブル(ヤマトには困ったもんだ)

今回の音展は機材の搬入については自社配送が不可で、すべてヤマトホームコンビニエンス(ヤマトの家財宅配便の会社)を使用しなければいけませんでした。この会場は搬入用エレベーターが1個しか無く(一般のエレベーターでは搬入できない規則)、大変なので有名です。当初前日の10:30までに機材が届くので、現場待機するよう指示されていましたが、実際に届いたのが午後4:30で6時間無駄に待たされました(一番忙しい時間なのに・・・)。8時には退去しなければいけないので、もう配置して接続したらおわりで、肝心の調整のようなことはまったく出来ませんでした。ヤマトのズサンさは他にも沢山ありますが・・・。

今回初めて音展に出展しましたが、この展示会は当社の感覚からするとべらぼうに高いので来年はどうしようか思案中です。

おまけで特性を

一応この部屋での周波数特性を測ってってみました。時間がないのでササッと測ったものなので見栄えは今ひとつです。聴感上との相関はというと・・・うーん、よくわかりません。

BS-312 Lch

BS-312 Rch

 

 

C4 Lch

C4 Rch

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年も頑張ります -オーディオデザインの近況と抱負-

お正月も明けてそろそろバリばり働き始めた頃と思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

毎年、年明けはお正月休みにネットや雑誌をご覧になった方からご注文をいただくので、結構忙しく過ごしております(アンプ製品で納品をお待ちの方申し訳ございません)。

年初に当たり、近況と現在の考え方などについてご紹介したいと思います。

1. あたらしい測定器を導入しました

上が新しく導入したオーディオアナライザーUPL、 下がパナソニックのオーディオアナライザー

rohde & schwarz社のオーディオアナライザーUPLを新たに導入しました。周波数・位相特性、歪率、SN,信号スペクトルなどが総合的に測定できます。

これまでパナソニックのVP-7723Aというオーディオアナライザーを使用していました。これでもTHD等の単体測定には充分で、PCと接続して自動測定も出来るようにしていたので一通りの測定は出来ました。

ただバランス信号の発振器がないてめに不自由していました(バランスアンプ自体の測定はHOT/COLD別々に測定すれば可能でした)。

測定器群 結構な迫力?

今度の測定器はPCが内蔵されていて、デジタル解析結果が画像で見れるのでかなり進んでいます。バランス入出力でTHD測定と同時にFFTスペクトルも表示できます。SPDIF等のデジタル信号も解析可能です。この測定器定価は500万円とかなり高価で手が出ませんでしたが、古い機種でしたら中古でなんとか変えるくらいの値段になりました。

詳細はまた別の機会に報告したいと思います。

 

2. 今年の展示会の予定

今年は以下の展示会に出展します。音を聴ける機会も増えますのでよろしくお願いいたします。

ⅰ. 5/13-14 音展・ototen・東京フォーラム

今年は5月に音展に出展します。音展は今回初めて東京フォーラムでの開催となります。奮発して個室に出展しますので皆さん是非お立ち寄り下さい。

ⅱ. 6/10-11 アナログフェア・損保会館

テーブル展示となります。音出しのデモはありません。

ⅲ. 10/13-14 Tokyo Audio Base 2017・ホテルマイステイズお茶の水(昨年と同じ)

昨年と同様に個室で音出しします。今年は残響過多な点は改良したいと思います。

ⅳ. ヘッドホン祭り・ポタ研

2月のポタ研については未出展となります。新製品が間に合わないので・・・・。

3. デモ機・試聴の考え方

過去いろいろなことに遭遇しまして、現在個人貸出は行っておりません。

具体的な再開スケジュールはございませんが、再開するとすれば敷居をかなり高くするしかないと考えております。

4. 新製品について

鋭意努力して新製品の開発を進めております。といっても最近はなかなか時間が取れません。USB-DAC他を今年中に出す予定です。

5. 当社・製品のポジショニングについて

会社設立時には「もっと低価格でいいものが出来るのでは」という思いで始めましたが、普通よりも低価格に設定すると、いいことばかりではないようです。普通に対価を払っていいものを購入したいというお客様に接することができにくくなってしまうのです。最近は低価格であるがゆえのデメリットを、多く感じています。結果的にはビジネス上の主力商品は将来的には100万円クラスになるのではないでしょうか。

この価格帯になると、手軽に楽しもうという方とは一旦ちょっと離れる事になってしまうかもしれません。ただ、低価格帯の商品をラインナップに加えるためにも、しっかりとした屋台骨が必要で、そのためにもこれまでよりも高価な価格帯で地位を確立しないといけないと考えております。

以上、年頭にあたり現在の考え方をご紹介させていただきました。
今年もよろしくお願いいたします。