オーディオデザインのアナログオーディオフェア2017はこんな感じでした

6/10-11に秋葉原・損保会館で開催されたアナログオーディオフェアに出展しましたのので報告します。

当社出展の様子

当社は今回テーブル出展でブースの様子はこんな感じでした。アナログレコードプレーヤーはClearaudioさんのPerformance DCというモデルで、これを当社のDCアダプターで駆動しています。このプレーヤーはターンテーブルがPOMという樹脂製で、スピンドル部は磁気浮上して抵抗をなくしているという特徴があります。アームはGlanzさんのものを装着しオルトフォンのMC-30Wを装着しました。このプレーヤーは好きリとした上品なデザインでお客様が実物を見た印象も好評でした。

当社のフォノイコライザアンプはDCEQ-100をマイナーチェンジした物でDCEQ-100SEとなります。CR型でこれだけの低雑音の物は珍しく、お客様の中にもびっくりされている方がいらっしゃいました。

お客様の数は約3000名で速報では微増だとのことでした。レコードに限った展示会でこれだけのお客様に来ていただけた事は盛況だったと言っていいでしょう。

他ブースの音

今回私も合間をみて他のブースを回ってみたのですが、音出しのブースでは皆さんなかなか良い音がしていました。普通のデジタル音源によるオーディオ展示会よりも音質がいいのではないかと思いました。

例えばフェーズメーションさんが鳴らしていたソナスファーベルSP、タンノイSPを鳴らしていたラックスマンさん、フォーカルを鳴らしていたロッキーインターナショナルナショナルさん、スペンドールを鳴らしていたトライオードさんの音は素晴らしかったと思います。

カートリッジ

私はどちらかと言うとCD音源を聴いていて、レコードはまれにしか聴いていないので、レコード関係の知識も古く、今回いろいろと勉強になりました。例えばレコードカートリッジは10万円クラスになるとボロンカンチレバー、ラインコンタクト針のモデルが数社から出ていて(それ以上の価格帯の差がよくわから買ったのですが)、人気のあるカートリッジも、昔とはだいぶ変わっているようでした。

気になる商品

私が見つけた気になる製品はこちらです。

アイコール㈱の吸着ターンテーブルシート・IQ1300A

原理は昔オーディオテクニカで出していた製品と同じようなものですが、こちらはマグネシウム製です。知らなかったのですがマグネシウムは制振性にも優れているそうです(実際に叩いても響かない)。お値段は7万円とちょっとするのですが欲しくなる商品でした。発売は今年の9月だそうです。

レコードも幾つか買ってしまいました。

まだ聴いていないのですが、お向かいのステレオサウンドさんで売っていたこれ、音質期待しています。

MIXER’S LAB CHECKING DISC BY MUSIC (アナログレコード3枚組)

実は昔似たようなレコードがありました。すぎやまこういちさんプロデュースしたLPで、これは音楽でステレオシステムをチェックするという、その企画が面白いだけでなく、その中の音楽がずば抜けて良い録音だったのです。ところがいい加減レコードが擦り切れてきて、残念ながら昔の様ないい音がしなくなって来て悲しくなってきたろころでした。

この新しいLPの音質が気に入ったらこちらも買ってみようと思います。

MIXER’S LAB SOUND SERIES Vol.1 (アナログレコード2枚組)

ただこれ、デジタル音源なので、それならデジタルで聴けばいいじゃんといえばそれまでなのですが・・・。

他にもLPを5-6枚買ってしまいました。またミイラになりかけています。

今週末のアナログフェアに出展します

今週末6/10(土)-11(日)秋葉原損保会館で開催されるアナログフェアに出展します。

内容は

レコードプレーヤー

ClearAudio のPerformance DCにと電源に当社DCアダプターDCA-12VHCの組み合わせで、アームはGranzのMH-9Bになります。

 

clearaudio Performance DCこのプレーヤーは軸受部の磁力でターンテーブルが浮いている。そのターンテーブルはPOM (樹脂)せいで4cmあって結構重い。駆動はベルトドライブでDCモータを使用している。そのモーターの駆動に付属のスイッチングレギュレーターに変えて弊社DCアダプターを使用すると何故か音がよくなる。このプレーヤーはやや明るい音色がするのだが、その一種のきつさが取れて重心が下がった音になるという感じでしょうか。まるでアンプ回路に使用した時と同じ現象が起きるので不思議です。今、輸入代理店のヨシノトレーディングさんが、こちらのDCアダプターとセットで(お店に)売り出しています。

DCA-12VHC

フォノイコライザアンプ

DCEQ-100SEになります。

DCEQ-100

ヘッドホンアンプ

DCHP-100

という組み合わせでレコードをお聴きいただけます。

201の大部屋でテーブルでの出展となります。ご興味のある方は是非お越しください。

 

 

オーディオデザインのototen音展2017はこんな感じでした 

先週末5/13-14に東京フォーラムで開催された音展2017が終わりました。

 

セッティングと当日の様子

当日セッティングはこんな感じです。この部屋はG609という場所で正方形の部屋で、ほぼ正方形の形で39m2です。個室の中では最も小さい方です。

オーディオデザインototenスピーカーはDynaudionoのC4とエラックのBS312が見えています。

この部屋の音響特性は普通で、悪くはありません。ただ定在波の影響か100Hzあたりにボンツキが感じられました。それでも昨年のAudioBaseの部屋(まるで残響室の様)よりは遥かに良かったです。

本来ならSPと椅子の距離をもう少し離したかったのですが(C4は離れて聴くもの)、距離が取れませんでした。

音展のデモにつて

デモの進め方は主にC4を鳴らし、最後に小型のSPを鳴らすという手順で行いました。C4よりもBS312やkenwoodのKsシリーズのSPの方が皆さんの反響は大きかったようです(C4でよくても驚きはしないというか)。エラックはDynaudioよりも皆さんに馴染みがあるので、「これまでに聴いたエラックとはまったく違う」と(いい意味で)驚かれた方も多くいらっしゃったようです。Kenwoodの方もこのSPからこんな音が出るなんて、アンプがよほどいいんだなーという声があったそうです。

場所がいいだけあって、常時10-15名程度コンスタントにお客様にいらっしゃって頂いた様です。

音展の「感想」

ただ音展はカーやAV系のお客様も来るのでもう少し来てくれても良かったのになーと言う感じです。今回の来場者数の速報では13000人だそうで、前回2015年(2016はなかったので)の約2万人弱(お台場開催)よりも遥かに減っています。場所が良くなっていることを考えると半減位のかんじですかね。

音展のイベントも音楽の演奏なんかに力を入れていたようですが、”生音楽を聴く人”と”オーディオ装置に凝る人”というのはまったく層が別なので、生演奏で集客してても意味が無いというか、ただの無駄遣いにしか思えないのですがどうなんでしょう。

ハイレゾペケペケの話も展示会でやらなくてもなーという感じです。

音展はオーディオ協会が主催していますが、当社はオーディオ協会の会員ではないので(法人年会費40万円は高すぎて・・・)、あまり偉そうなことはいえないのですが。

音展のトラブル(ヤマトには困ったもんだ)

今回の音展は機材の搬入については自社配送が不可で、すべてヤマトホームコンビニエンス(ヤマトの家財宅配便の会社)を使用しなければいけませんでした。この会場は搬入用エレベーターが1個しか無く(一般のエレベーターでは搬入できない規則)、大変なので有名です。当初前日の10:30までに機材が届くので、現場待機するよう指示されていましたが、実際に届いたのが午後4:30で6時間無駄に待たされました(一番忙しい時間なのに・・・)。8時には退去しなければいけないので、もう配置して接続したらおわりで、肝心の調整のようなことはまったく出来ませんでした。ヤマトのズサンさは他にも沢山ありますが・・・。

今回初めて音展に出展しましたが、この展示会は当社の感覚からするとべらぼうに高いので来年はどうしようか思案中です。

おまけで特性を

一応この部屋での周波数特性を測ってってみました。時間がないのでササッと測ったものなので見栄えは今ひとつです。聴感上との相関はというと・・・うーん、よくわかりません。

BS-312 Lch

BS-312 Rch

 

 

C4 Lch

C4 Rch

 

 

 

 

 

 

 

 

オーディオデザインのototen音展2017はこんな感じです

今週末5/13(土)-14(日)は音展が開催されます。

弊社はG609単独ブースにてデモを行います。出展内容は次のとおりです。

使用機器

入力機器/
CDプレーヤー DENON DCD-SA1/
DAコンバーター DCDAC-200(新製品)

アンプ
プリアンプ  DCP-240 / パワーアンプ DCPW-120(新製品)/
プリメインアンプ DCPMA-100

スピーカー
Dynaudio C4 (メイン)/ Elac BS312 (超小型代表)/
KENWOOD LS1001 (超安価代表)

メインSP Dynaudio C4

「KENWOOD LS1001」の画像検索結果

時間割

毎時00~45分までデモを行い、45分~00時まではフリータイムとします。各種ご質問はフリータイムの時間にどうぞ。

デモSPについて

音だけ出していてもどれが効いているのかよくわからないと思いますので、SPはメインのC4の他に、(超)小型SPとしてElacの312、さらに近所のハードオフでペアで4000円で買った中古のSPで鳴らします。こうすることで音質のどの辺がアンプの傾向か、SP起因かが推測していただけます。

新製品

DACとパワーアンプが新製品になります。

Progressive  USB-DAコンバーター DCDAC-200

DACはUSB対応で192kHzPCMとDSD5.6MHzまで再生できます。特徴はDACボードを複数搭載して聴き比べが出来ることです。デモ機ではマルチビットDACの最高峰PCM1704と現代の代表格ES9018の2種のDACを搭載しています。また時代に応じてDACボードなどを交換できるため、プログレッシブ(Progressive)USB-DACと称しています。価格はこの構成で50万円、6月発売予定です。

パワーアンプ DCPW-120

パワーアンプは新型、DCPW-120になります。100W+100W出力でRCAの他XLR入力対応、さらにBTLモノーラル接続も可能です。2階建て構造、大きさはこれまでのDCPW-100、200と同様ですが、デザインは一新されています。今夏発売予定で価格は45万円位で考えています。 

新製品の外観などは当日のお楽しみという事でお願いします。

皆様のご来場を心からお待ちしております。

当日の使用機器は事情によリ変更する場合もございますのでご了承下さい。

成功しているIT企業は意外と人との関わりを大切にしている・・・・のかも知れない….

御存知の通り当社は主にネットでアンプやセレクターを販売しています。インターネットから注文をしてもらう際に使用している注文フォームも時代とともに変わって来ています。

1. 自分で作った申し込みフォーム -->
2. ColorMeというネットショップシステム -->
そして現在は、
3. Eストアさんのネットショップシステム
を使用しています。

ショッピングカートというシステムは技術的に難しいので、専門のネットショップを利用することになるのですが、最初に使用したColorMeでは大変な目にあいました。そこでブログも書いていたのですが、なんと突然、全面的にブログ機能を閉鎖する(すべてのユーザーに対して)という通知が来て、これまでに書いたブログが閲覧すらできなくなるとのことでした。加えてブログの内容を移行するツールさえ用意されませんでした。

お陰でそれまで書いてきた膨大の内容のリンクが無効になり、文章と数百枚の写真(リンクも)などを手作業で移行しなければいけないという羽目に陥りました。なんとかワードプレスに移しましたが、当然以前のリンクはすべて無効となりましたので、これまでの努力も水の泡です。

これに懲りて、新しく探したネットショップさんがEストア(ショップサーブ)さんです。利用してみて気づいたのですが、こちらの会社はネットショップでありながら、結構人がいろいろと動きます。先日のラジオ出演の話もこちらの紹介ですし、その他にも営業の担当者の方がいろいろとアドバイスをしてくださいます。なぜかと不思議に思ったのですが、結局それでこちらの売上が伸びると、ネットショップさんの方もいろいろと手数料がらみの売上に繋がるのだそうです。

Eストアさん主催のイヤーエンドパーティー(ヒルトンホテルにて)

ネットショップというと、問い合わせはメールだけというのが多いのですが(とはいってもメールしてもほとんどまともに答えてくれないんですけどね、ColorMeのグループなんかそう)、意外とIT企業も人というか、しっかり営業活動をしているところが伸びているのかな?と感じています。

先日Eストアさんが主催したイヤーエンドパーティーに招待していただき参加してきました。場所はなんとヒルトンホテルでコース料理が出ました。ここでネットショップ大賞などの発表をするのです(当社は入選はしていませんただの参加者ですが・・・)。

Eストアさん主催のイヤーエンドパーティー(ヒルトンホテルにて)

そういえば、google検索にも広告を出していますが、まれにgoogleの担当者から「こうした方がいいですよ」とアドバイスの”電話”がかかってきます。IT企業も、(成功しているところは)意外と人が動いて活動しているじゃないかな~と思う今日このごろです。

FM横浜のサンセットブリーズに出演させてもらいました

放送内容の音声が聞けるようになりました(最後の方を見てね)。

昨日2/19(日)FM横浜の北島美穂さんがDJを行うサンセットブリーズという番組に出演させていただきました。
オーディオデザイン社は購入サイト(audiodesign.biz)でEストアーさんという企業と契約しています

このコーナーはEストアーさんの中から、ユニークな会社を紹介してくれるという企画です。
FM横浜さんの放送スタジオは、なんと横浜ランドマークタワーにあります。
DJの北島さんは、写真よりももっと素敵な方で、さすがに頭も切れる方でした。
大体の段取りは決められているのですが、いざ実際に質問されると(後から考えると)あまりピンとこない受け答えをしたりして、難しいものですね。まあこちらは、放送ということに関しては「素人だからいいか」と勝手に自分をなぐさめています。

EストアーさんはもちろんITで先端を行く会社ですが、意外と事業内容には人が関わっていて、なんでも自動化して効率しか考えていないようなIT企業のイメージと真逆のところもあります。ビジネスってそういうものかもしれませんね。

先日もEストアーさんのセミナーがGoogle本社で開催されて(Googleと協賛のセミナーなので)、ついでにGoogleの中も見学させていただきました。

私はインテルで働いていたことがあるのですが、Googleはさらに数段ぶっ飛んでいました。

放送内容(MP3音声)はこちらからお聞きいただけます。

EストアさんのHPに当社の取材記事があります。

オーディオデザイン2016年を振り返って -今年も頑張った、かな-

早くも今年残す所3日になりました。当社の今年を振り返って見たいと思います。

オーディオデザイン今年の5大トピック(順不同です)

1. リスト音楽院でのコンサート

リスト音楽院にて

リスト音楽院にて

最初はこれ、個人旅行ではありましたが、ブタペストのリスト音楽院のオーケストラは最高でした。指揮はMONTANAROという人で、「指揮というものはこういうものだよ」ということがよくわかりました(少なくともわかった気にはなりました)。

こういった優れた演奏はヨーロッパで、良さそうなところを聴いてみても数回に1回くらいしか巡り会えません。機会があったら叉行きたいと思います。

2. 展示会Tokyo Audio Base 2016

東京AudioBase2016は好評でした

東京AudioBase2016は好評でした

展示会Tokyo Audio Base 2016に出展しました。初めての個室でのデモでしたので、多少不慣れなこともありましたが、おかげ様で大変好評でした。2017年も10月に開催されます。2017年は5月東京フォーラムで開催される音展にも出展します。こちらも大奮発して個室を確保しましたのでご期待ください。

 

3. 慶応大学での講演

慶応大学での講演の様子

慶応大学での講演の様子

著書がご縁で、慶応大学の大学院生向けに講演をさせてもらいました。タイトルは「エンジニアリングで読み解く オーディオ,半導体,そして経済 -工学を実社会で活かす極意」でした。

考えてみると私は日本の民間企業、外資系企業、国家プロジェクト、起業(会社代表)などを経験していて、振り返ると様々な業態の組織で働いていたことになります。

そういう意味では、物知りな面もあるのかもしれません。来年は社会問題的なこともブログに書いてみようかしら・・・。

4. プリアンプDCP-240を発売しました。

バランス・プリアンプDCP-240

バランス・プリアンプDCP-240

フルバランス型のプリアンプを発売しました。フルバランス型というだけでなく、アンプなどにも独自の工夫がされていて、オーディオデザインとしても2世代目のアンプと位置づけることが出来ます。

おかげ様で大変好評です。

 

5. プリアンプ、プリメインアンプがステレオサンド誌ベストバイで入賞しました。

当社の製品は無線と実験誌、オーディオアクセサリー誌では常に高い評価を頂戴してきましたが、ステレオオサウンド誌ではちょっと評価が芳しくない面もありました。今回プリアンプDCP-240とプリメインアンプDCPMA-100の両方が入賞し、めでたしめでたし。

特にプリアンプでは100万円未満で3位という好成績でした。両機とも6人の選者の方の殆どの方が票を入れてくれたというのは収穫でした。オーディオ評論家の方は嗜好が人それぞれですので、全員に気に入っていただいたというのは、間違いなく良いものがアンプにあったということだと思います。

 

来年の豊富

来年はさらに魅力的な製品をリリースしていきたいと思います。
今後共よろしくお願いいたします。

 

12/17のオーディオデザインの試聴会はこんな感じでした 

久しぶりにオーディオデザイン社で試聴会を開催しました。
試聴会には13人お申込みいただき(というよりもココで申し込み終了とさせていただきました)、11人の方にご出席頂きました。

オーディオデザイン社の試聴会のセッティングの様子

オーディオデザイン社の試聴会のセッティングの様子

試聴会の様子はこんな感じでスピーカーなどはいつもと同じなのですが、
ソファーを取り去ってイスを並べ、操作しやすいようのPC等のラックを前に移動したりしました。

ご出席いただいたお客様には座席が非常に狭くなってしまい申し訳ありませんでした。

オーディオデザイン社の試聴会セッティングの様子

オーディオデザイン社の試聴会セッティングの様子

試聴会開催中の様子

試聴会開催中の様子

試聴システムとしてはCondfidence C4は固定として、
1. プリメインアンプDCPMA-100単体で駆動
2. プリDCP-240+DCPMA-100(パワー部)
3. プリDCP-240+DCPW-200

の順番で聴いてもらいました。

現在のところアンプを聴いてもらえる機会が少ないので、たまにはこういった試聴会をする必要もあるのかなと考えている次第です(次の試聴会は未定ですが・・・)。

年末になって注文が多くなってきましたので、しばらくは製作にも注力していく予定です。

 

12月17日(土)にオーディオデザインにて試聴会を開催します

お陰様で定員に達しましたので、試聴会の受付は締め切らせていただきます(12/5)。

当社のアンプは実際に聴く機会が少なく、購入を迷われている方も多いと思いますので、試聴会を開催することにしました。
オーディオデザイン社の試聴スペースにて開催しますので、当社が普段聴いているベストな音で音質をご確認いただけます。

場所:オーディオデザイン社  
日時:12月17日(土) 13:00-15:00
人数が限られるため、事前申し込み制となります。
場所:オーディオデザイン社 東京都品川区平塚3-2-15クレッセント武蔵小山2, 2F
(お申込み頂いた方には後ほど地図・ご案内を送付させていただきます)
人数:8-10名くらいです

img_20161105_091944_listningspace

試聴スペースはこちらの様な感じになります

お申込み方法:
システムの都合上、購入サイトのショッピングカートをご利用頂きます。
(システム上、形式的にご注文という処理になりますがすべて無料です)
お申込みページはこちらです

 

 

使用機器:
プリメインアンプ DCPMA-100
プリアンプ DCP-240 +セパレートパワーアンプDCPW-200 などを中心にお聴きいただきます。
CDプレーヤー:DCD-SA1(Denon) PC+USB-DAC
スピーカーシステム Dynaudio   Confidence C4

曲目:録音のよいオーケストラなどを中心として、JAZZ(トリオ、Vocal等)、ハイレゾを交えてデモさせていただきます。
またデモを進める中で、機器の詳細は解説なども予定しております。

当社の試聴スペースは18畳程度の部屋になります。
展示会・イベントなどよりも実際にお客様がご使用になられる部屋の状態に近く、ベストお音質でお聴きいただけます。

通常当社での試聴は、普段は資材なども置いてある関係上ご遠慮いただいております。
ご興味がおありのお客様は是非この機会をご利用下さい

プリメインアンプが”オーディオセッションin Osaka 2016”で聴けるかもしれません

今週末に”オーディオセッションin大阪2016”が開催されます。弊社のプリメインアンプを完実さんのブースにお貸し出しすることになりました。

オーディオセッションin Osaka 2016(大阪ハイエンドショウと同時開催のイベントです)

お願い:弊社は出展社ではなく、現在完実電気さんでの取扱もございません。ご訪問の際オーディオデザインのアンプを使用していない場合もございますのでご容赦下さい。
(実機とカタログはブースにございますので常時ご覧いただけます)

DCPMA-100_068_crop_rev_il12

プリメインアンプDCPMA-100

大阪に近い方は是非この機会にお立ち寄りいただければと思います。