成功しているIT企業は意外と人との関わりを大切にしている・・・・のかも知れない….

御存知の通り当社は主にネットでアンプやセレクターを販売しています。インターネットから注文をしてもらう際に使用している注文フォームも時代とともに変わって来ています。

1. 自分で作った申し込みフォーム -->
2. ColorMeというネットショップシステム -->
そして現在は、
3. Eストアさんのネットショップシステム
を使用しています。

ショッピングカートというシステムは技術的に難しいので、専門のネットショップを利用することになるのですが、最初に使用したColorMeでは大変な目にあいました。そこでブログも書いていたのですが、なんと突然、全面的にブログ機能を閉鎖する(すべてのユーザーに対して)という通知が来て、これまでに書いたブログが閲覧すらできなくなるとのことでした。加えてブログの内容を移行するツールさえ用意されませんでした。

お陰でそれまで書いてきた膨大の内容のリンクが無効になり、文章と数百枚の写真(リンクも)などを手作業で移行しなければいけないという羽目に陥りました。なんとかワードプレスに移しましたが、当然以前のリンクはすべて無効となりましたので、これまでの努力も水の泡です。

これに懲りて、新しく探したネットショップさんがEストア(ショップサーブ)さんです。利用してみて気づいたのですが、こちらの会社はネットショップでありながら、結構人がいろいろと動きます。先日のラジオ出演の話もこちらの紹介ですし、その他にも営業の担当者の方がいろいろとアドバイスをしてくださいます。なぜかと不思議に思ったのですが、結局それでこちらの売上が伸びると、ネットショップさんの方もいろいろと手数料がらみの売上に繋がるのだそうです。

Eストアさん主催のイヤーエンドパーティー(ヒルトンホテルにて)

ネットショップというと、問い合わせはメールだけというのが多いのですが(とはいってもメールしてもほとんどまともに答えてくれないんですけどね、ColorMeのグループなんかそう)、意外とIT企業も人というか、しっかり営業活動をしているところが伸びているのかな?と感じています。

先日Eストアさんが主催したイヤーエンドパーティーに招待していただき参加してきました。場所はなんとヒルトンホテルでコース料理が出ました。ここでネットショップ大賞などの発表をするのです(当社は入選はしていませんただの参加者ですが・・・)。

Eストアさん主催のイヤーエンドパーティー(ヒルトンホテルにて)

そういえば、google検索にも広告を出していますが、まれにgoogleの担当者から「こうした方がいいですよ」とアドバイスの”電話”がかかってきます。IT企業も、(成功しているところは)意外と人が動いて活動しているじゃないかな~と思う今日このごろです。

オーディオアナライザ~でDAコンバータ~を調べてみました (やっべ~ぞ)

ローデシュワルツのオーディオアナライザーUPLを導入したことを以前お知らせしました。今日はその測定例を紹介します。

オーディオアナライザ~R&SのUPL

このオーディオアナライザーは相当古いものです。基本的にコンピューターで計測を制御していますが、OSが何しろWindows95の前のMS-DOSですから。それで安全か?ですって、まちがいなく安全で安心です。何しろLANもUSBもついていませんから。

その代わりデータの転送に偉い苦労します。付いている媒体はFDDフロッピーディスク、ただこれにデータ保存する手順がテキストコマンドをハッカーのようにバチバチ打たないといけないので、使い物になりません。マウスなんておしゃれなものも(オプションにはあるようだが)付いていません。

とは言えオーディオアナライザーとしての基本性能は極めて優秀で、今でも立派に通用します。これまで使用していたパナソニックのVP-7723Aよりも一桁下のTHDを測定できますし、何よりFFTによる解析機能に優れています。

測定結果は測定器の10インチぐらいのディスプレイに表示されるので、それで不便はないのですが、画像くらいは取り込みたい。やろうとするとこの様なフローになります。

外部モニター用のVGA出力はありますので、これを一度ビデオ信号に変換し、ビデオキャプチャーで今のPCに取り込めます。こう書くと簡単ですが、ここにたどり着くまでに相当の労力を費やしました。

それにこのオーディオアナライザーUPLにはデジタルの入出力もついているので、DAコンバーターの測定にも便利です。

今回はDAコンバーターの測定結果を紹介しましょう。

DAコンバーターDACFA0(PCM1704)のスペクトル  Fs=48kHz

下の画像はこの測定器UPLからSPDIF信号(Fs=48kHz)光で1kHzサイン波を出力して、弊社のDAコンバーターのアナログ出力を調べたものです。 0dB出力時にで約2V(6dBV)の出力が出ていて、THD+Nが0.006%であることがわかります。スペアナ波形(横軸の単位はkHzです)を見ると、THDの主成分は第2高調波であることがわかります。

ノイズも含めて0.006%というのは相当に優秀でカタログスペックの約2倍に収まっています。カタログスペックよりも悪いと思われるかもしれませんが、カタログデータはFs=768kHzで、しかもフィルターを入れ、かつ平均値を取っているようなので(カタログデータと言うものはそういうものです)、この実測データは相当いい感じです。

DAコンバーターDAC-FA0の歪分布

こちらはDAC-FA0の高調波歪み分布です。次数が高くなるに従って減少していっています。

次にもう少し新しいDACチップのTHDを見てみましょう。こちらは試作したUSB-DACで使用したESS社のES9018の特性です。THD+Nは0.0075%でPCM1704と同程度です。ただ、スペクトルを見てもらうとわかるように、高調波歪はほとんどなくむしろノイズの方が主成分に見えます。(ES9018の方がTHDがずっと小さく見えるのは縦軸のスケールが異なるからです)

ES9018のスペクトル、Fs=48kHz

 

ES9018の歪分布

こちらのTHD成分を見たのがこちらで、第2から第9高調波まで同程度に検出されています。ただノイズを除いた全THD成分は0.0013%と非常に小さい値です。ES9018は内部でノイズシェーピングをしているのですが、可聴帯域までノイズがおりてきているのでしょうか?

以上はFS=48kHzのデジタル信号を入力した時のデータですが、残念ながら測定器UPLでは48kHzが上限です(何しろ古いので)。

かわりにサンプルレートコンバーターで96-384kHzまでアップサンプリングして入力した結果がこちらになります。

ES9018/Fs=96kHz

ES9018/Fs=96kHz

ES9018/Fs=192kHz

 

ES9018/Fs=384kHz

サンプリングレートを上げると高調波歪が逆に増加していることがわかります。悪化したといっても0.001%レベルですから、悪化というより”見えすぎちゃって困るの~”という感じですが。

使用したサンプルレートコンバーター(SRC)はAK4137です(実はこのAK4137相当なくせ者です)。THDが悪化したのはDACチップのせいではなく、SRCの影響である可能性もあります。SRCを使う限りTHDが特性上はメリットが無い様です。

とまあ、こんな解析も簡単にできるようになりました。

FM横浜のサンセットブリーズに出演させてもらいました

放送内容の音声が聞けるようになりました(最後の方を見てね)。

昨日2/19(日)FM横浜の北島美穂さんがDJを行うサンセットブリーズという番組に出演させていただきました。
オーディオデザイン社は購入サイト(audiodesign.biz)でEストアーさんという企業と契約しています

このコーナーはEストアーさんの中から、ユニークな会社を紹介してくれるという企画です。
FM横浜さんの放送スタジオは、なんと横浜ランドマークタワーにあります。
DJの北島さんは、写真よりももっと素敵な方で、さすがに頭も切れる方でした。
大体の段取りは決められているのですが、いざ実際に質問されると(後から考えると)あまりピンとこない受け答えをしたりして、難しいものですね。まあこちらは、放送ということに関しては「素人だからいいか」と勝手に自分をなぐさめています。

EストアーさんはもちろんITで先端を行く会社ですが、意外と事業内容には人が関わっていて、なんでも自動化して効率しか考えていないようなIT企業のイメージと真逆のところもあります。ビジネスってそういうものかもしれませんね。

先日もEストアーさんのセミナーがGoogle本社で開催されて(Googleと協賛のセミナーなので)、ついでにGoogleの中も見学させていただきました。

私はインテルで働いていたことがあるのですが、Googleはさらに数段ぶっ飛んでいました。

放送内容(MP3音声)はこちらからお聞きいただけます。

オーディオマニアの上を行くカーマニアのオカルト  -ワロエナイ-

今回はただの雑談です。

ひと仕事終えてぼーっとネットを見ていたら、面白い記事がありました。

車のバンパーにアルミシートを貼ると、なんと運動性能が向上するらしいです。

なんでも帯電による空気の乱れが改善されるので、導電性テープをはると空力特性が向上らしい。これ、トヨタのスポーツクーペのマイナチェンジに採用されているという。

車のアルミテープチューニング

こんなのもあります

こちらでは有名な自動車評論家がテープの張り方を指南しています。

これだけならまだしも、ハンドルのカバーの下にアルミテープを貼っただけでも運動性能が向上するらしいので、こうなるとオーディオマニアも顔負けの話となります。

私は今ゴルフのワゴンに乗っているのですが、燃費向上のためのターボが付いています。低速トルクが太くて加速もいいで「商用車の皮をかぶった狐」くらいには走ります。

私も、どちらかと言うとかっ飛ばすタイプなので、今度テープを貼って試してみようかと思っています。

そういえば昔BMWのマニュアル車に乗っていたときに、アース線追加の改造を工場でしてもらったら(微かに)2走りが良くなった様な気がしたのを思い出しました。

アルミテープの結果は報告しませんのであしからず。

明けましておめでとうございます -2017年も頑張ります-

皆様明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

新春のお年玉として下記をご用意いたしました。

1. すべての商品で、送料無料

すでにオンラインショップの設定は、今年からすべて送料無料となっております。

2. お年玉セール(1月中)

20万円以上のアンプご注文の方にオーディオラックをプレゼント

ご注文時にショッピングカートの通信欄にラック赤/又はラック黒とご指定下さい。

オーディオラック(NorStone社ESSE HIFI)を差し上げます。棚板は強化ガラスですが、見栄えが非常にいいです。

・ラックの数量に限りがございますのでお早めにご注文下さい。
・また、ラックはお届けまでお時間がかかることがございます。
・当社オンラインショップからの注文に限ります。
・予定の数量に達しましたら早めに終了させていただく場合がございます。

 

オーディオデザイン2016年を振り返って -今年も頑張った、かな-

早くも今年残す所3日になりました。当社の今年を振り返って見たいと思います。

オーディオデザイン今年の5大トピック(順不同です)

1. リスト音楽院でのコンサート

リスト音楽院にて

リスト音楽院にて

最初はこれ、個人旅行ではありましたが、ブタペストのリスト音楽院のオーケストラは最高でした。指揮はMONTANAROという人で、「指揮というものはこういうものだよ」ということがよくわかりました(少なくともわかった気にはなりました)。

こういった優れた演奏はヨーロッパで、良さそうなところを聴いてみても数回に1回くらいしか巡り会えません。機会があったら叉行きたいと思います。

2. 展示会Tokyo Audio Base 2016

東京AudioBase2016は好評でした

東京AudioBase2016は好評でした

展示会Tokyo Audio Base 2016に出展しました。初めての個室でのデモでしたので、多少不慣れなこともありましたが、おかげ様で大変好評でした。2017年も10月に開催されます。2017年は5月東京フォーラムで開催される音展にも出展します。こちらも大奮発して個室を確保しましたのでご期待ください。

 

3. 慶応大学での講演

慶応大学での講演の様子

慶応大学での講演の様子

著書がご縁で、慶応大学の大学院生向けに講演をさせてもらいました。タイトルは「エンジニアリングで読み解く オーディオ,半導体,そして経済 -工学を実社会で活かす極意」でした。

考えてみると私は日本の民間企業、外資系企業、国家プロジェクト、起業(会社代表)などを経験していて、振り返ると様々な業態の組織で働いていたことになります。

そういう意味では、物知りな面もあるのかもしれません。来年は社会問題的なこともブログに書いてみようかしら・・・。

4. プリアンプDCP-240を発売しました。

バランス・プリアンプDCP-240

バランス・プリアンプDCP-240

フルバランス型のプリアンプを発売しました。フルバランス型というだけでなく、アンプなどにも独自の工夫がされていて、オーディオデザインとしても2世代目のアンプと位置づけることが出来ます。

おかげ様で大変好評です。

 

5. プリアンプ、プリメインアンプがステレオサンド誌ベストバイで入賞しました。

当社の製品は無線と実験誌、オーディオアクセサリー誌では常に高い評価を頂戴してきましたが、ステレオオサウンド誌ではちょっと評価が芳しくない面もありました。今回プリアンプDCP-240とプリメインアンプDCPMA-100の両方が入賞し、めでたしめでたし。

特にプリアンプでは100万円未満で3位という好成績でした。両機とも6人の選者の方の殆どの方が票を入れてくれたというのは収穫でした。オーディオ評論家の方は嗜好が人それぞれですので、全員に気に入っていただいたというのは、間違いなく良いものがアンプにあったということだと思います。

 

来年の豊富

来年はさらに魅力的な製品をリリースしていきたいと思います。
今後共よろしくお願いいたします。

 

12/17のオーディオデザインの試聴会はこんな感じでした 

久しぶりにオーディオデザイン社で試聴会を開催しました。
試聴会には13人お申込みいただき(というよりもココで申し込み終了とさせていただきました)、11人の方にご出席頂きました。

オーディオデザイン社の試聴会のセッティングの様子

オーディオデザイン社の試聴会のセッティングの様子

試聴会の様子はこんな感じでスピーカーなどはいつもと同じなのですが、
ソファーを取り去ってイスを並べ、操作しやすいようのPC等のラックを前に移動したりしました。

ご出席いただいたお客様には座席が非常に狭くなってしまい申し訳ありませんでした。

オーディオデザイン社の試聴会セッティングの様子

オーディオデザイン社の試聴会セッティングの様子

試聴会開催中の様子

試聴会開催中の様子

試聴システムとしてはCondfidence C4は固定として、
1. プリメインアンプDCPMA-100単体で駆動
2. プリDCP-240+DCPMA-100(パワー部)
3. プリDCP-240+DCPW-200

の順番で聴いてもらいました。

現在のところアンプを聴いてもらえる機会が少ないので、たまにはこういった試聴会をする必要もあるのかなと考えている次第です(次の試聴会は未定ですが・・・)。

年末になって注文が多くなってきましたので、しばらくは製作にも注力していく予定です。

 

測定ソフト「ARTA」を使用したリスニングルームの周波数特性の測定(基礎編)

DynaudioのC4を導入してから、はや2年が経過しました。導入当時におよその周波数特性はこちらのコラムで測定していましたが、その後多少レイアウトを動かしたので再度特性を測って見ました。

測定方法について

測定に使用するソフトとマイクに今回は新しいものを試してみたので紹介します。

測定ソフトについて
これまで、周波数特性の測定は「Myspeaker」というソフトを使用してきました。このソフトは周波数特性だけでなく、累積スペクトル等の表示もできて優れたソフトでしたが、さらに詳細な解析ができるソフトがありました。それはARTAという測定ソフトです。測定項目はほぼ同じですが、痒いところに手が届くというか、詳細な解析を使用する場合はこちらの方が便利です。今回はその使い勝手も検証する意味で、このソフトを使用して簡単な解析をしてみました。
測定マイクも新しく
測定用USBマイクUMM-6測定に使用するマイクはこれまでベリンガー社のECM800と言うものを使用してきましたが、このマイクは48Vのファンタム電源が必要なため、何らかのミキサーのようなものを別途接続する必要がありました。これはこれで面倒なので今回周波数特性の測定用に市販されている、USBマイクを試してみました。

それがこのDaytonAudioのUMM-6というマイクです。電源部も内蔵されているのでパソコンにUSB接続するだけで使用できます。おまけに周波数特性の校正表がついてくるので、より正確な測定が期待できます。

試聴エリアのレイアウトについて
測定時のスピーカーレイアウトimg_20161105_091944_listningspace試聴スペースのレイアウトは少しずつ変わってきています。最近はJBL4429をしまって、C4だけをやや左右に距離を取って置き、さらに50cm程後ろに下げました。これによって音場が左右に広がり、またスピーカーを後壁に近づけたことで低域の厚みが増して、よりバランスが良くなりました。
以前はSPの後ろを通れるようにあけていたのですが、実用性よりも音質を優先したのです。

測定系の特性について

ラップトップPCの音声入出力部の周波数・歪率特性

ラップトップPCの音声入出力部の周波数・歪率特性

測定はラップトップPCを使用して行います。スピーカーの測定の前に、PCのからのオーディオ出力をそのままオーディオ入力に戻して、PC系統の基本性能をチェックしてみましょう。
使用したラップトップPCのオーディオインターフェースには、スピーカー(イヤホン)出力端子とマイク入力端子がありますが、ライン入力がありません。イヤホン出力をそのままマイク入力に接続して、内部ソフトのミキサーでゲインを調節しました。
その時の周波数特性と歪率特性はこのようになりました。
周波数特性は20kHz近辺で落ち込んでいますが、今回の測定には支障はないでしょう。歪率の方は約0.1%で、スピーカーの歪率よりも悪いくらいです。今回の測定では歪率特性は信用できません。歪率特性を測定するには別途外付けのオーディオインターフェースを使用する必要があるようです。

 

インパルス応答を利用した特性解析(基本編)

imp

インパルス応答波形

周波数特性を測定するだけでしたら、サインの連続波で測定したほうがきれいに測定できますが、今回は訳あってインパルス応答波形から周波数特性を測定する方法を使用しました。インパルス応答波形の測定結果がこちらです。最初のインパルス応答のあと何パルスか壁からの反射波が続いていることがわかります。

imp1-4-fこのインパルス応答から周波数特性を算出した結果がこちらのグラフです(ボタン一つで計算されます)。測定時のマイク位置はレイアウト図でS0の位置です。

10kHz以上で低下していますが、これは測定系に何らかの原因があると思われます。多少の谷はありますが、非常にフラットできれいな特性が得られています。全体の傾向は(10kHz以上の低下を除けば)以前に、サイン波の連続波で取った特性の類似しています。

次に累積スペクトラムを見てみましょう。
imp1-4-acu1imp1-4-acu2
こちらがインパルス応答から算出した、累積スペクトラムです。一般に、累積スペクトラムを時間軸で表すと高域は早く収束し、低域は収束まで時間がかかるので全周波数帯域を観察することはこんなんです。

ARTAでは時間軸を波数で表示することも可能です。こうすると第何波で収束するかという表示になるので過度特性の周波数特性が見やすくなります。

左のグラフは累積スペクトラムのは数表示ですが、低域の方が若干収束するまで時間がかかっていることがわかります(最大20波程度)。スピーカーの構造上の原理を考えれば当然のことで、合理的な結果です。これでもかなり良好に収束している方でしょう。
また20波を過ぎても単発的にピークがありますが、これは壁などの反射による影響でしょう。

 

以上、USB接続の測定マイクと測定ソフトARTAを使用して周波数特性等をざっと測定してみました。ARTAはもっといろいろな使い方ができるソフトです。次回に応用例を紹介します。

12月17日(土)にオーディオデザインにて試聴会を開催します

お陰様で定員に達しましたので、試聴会の受付は締め切らせていただきます(12/5)。

当社のアンプは実際に聴く機会が少なく、購入を迷われている方も多いと思いますので、試聴会を開催することにしました。
オーディオデザイン社の試聴スペースにて開催しますので、当社が普段聴いているベストな音で音質をご確認いただけます。

場所:オーディオデザイン社  
日時:12月17日(土) 13:00-15:00
人数が限られるため、事前申し込み制となります。
場所:オーディオデザイン社 東京都品川区平塚3-2-15クレッセント武蔵小山2, 2F
(お申込み頂いた方には後ほど地図・ご案内を送付させていただきます)
人数:8-10名くらいです

img_20161105_091944_listningspace

試聴スペースはこちらの様な感じになります

お申込み方法:
システムの都合上、購入サイトのショッピングカートをご利用頂きます。
(システム上、形式的にご注文という処理になりますがすべて無料です)
お申込みページはこちらです

 

 

使用機器:
プリメインアンプ DCPMA-100
プリアンプ DCP-240 +セパレートパワーアンプDCPW-200 などを中心にお聴きいただきます。
CDプレーヤー:DCD-SA1(Denon) PC+USB-DAC
スピーカーシステム Dynaudio   Confidence C4

曲目:録音のよいオーケストラなどを中心として、JAZZ(トリオ、Vocal等)、ハイレゾを交えてデモさせていただきます。
またデモを進める中で、機器の詳細は解説なども予定しております。

当社の試聴スペースは18畳程度の部屋になります。
展示会・イベントなどよりも実際にお客様がご使用になられる部屋の状態に近く、ベストお音質でお聴きいただけます。

通常当社での試聴は、普段は資材なども置いてある関係上ご遠慮いただいております。
ご興味がおありのお客様は是非この機会をご利用下さい

プリメインアンプが”オーディオセッションin Osaka 2016”で聴けるかもしれません

今週末に”オーディオセッションin大阪2016”が開催されます。弊社のプリメインアンプを完実さんのブースにお貸し出しすることになりました。

オーディオセッションin Osaka 2016(大阪ハイエンドショウと同時開催のイベントです)

お願い:弊社は出展社ではなく、現在完実電気さんでの取扱もございません。ご訪問の際オーディオデザインのアンプを使用していない場合もございますのでご容赦下さい。
(実機とカタログはブースにございますので常時ご覧いただけます)

DCPMA-100_068_crop_rev_il12

プリメインアンプDCPMA-100

大阪に近い方は是非この機会にお立ち寄りいただければと思います。