アースとアースループの違い、わかりますか?

今回はオーディオ的見地からアースについて述べてみたいと思います。というのも、アースについて誤解されている方も多く、またオーディオ関係の記事をみても、ほとんどの方がアースに関して間違った記述をされているからです。アースというのは実は非常に奥の深い話で、アンプを実際に作っている人でも、理解されていない方のほうが多いのではないかと思います(ひょっとしたらわたしも)。

最初にお断りしておきますが、アースというものには2種類あり、一つは強電分野の、安全上絶対に必要なアース。もう一つはオーディオ機器のアース端子の用に地面へのアースが安全上必須ではないアースです。

結論から言うと次の様になります。

1.オーディオ機器は(使用していない機器も含めて)信号ケーブルを接続しておくことにより、アースラインをなるべく相互に接続する様にする。
・ピンケーブルで信号ラインを接続するだけでアースはつながります
・使用していない機器も含めて、すべてオーディオ機器の信号ラインをつないでおいた方がいいのです。(結果的にアースがつながります)
・わざわざアースラインを分離するようなプリアンプやセレクターがありますが、これは逆効果です。
・PCなどデジタル機器の場合はケースバイケースですが、接続しない方がいい場合が多いかもしれません。


2.オーディオ機器のアース端子(アンプの背面についているもの)には何も接続しない。
・接続すると電力機器のノイズが混入してSNが(おそらく音も)悪くなります。
・この点が大いに誤解されています。アンプ背面のアース端子はむやみに壁コンセントのアースに接続してはいけません。
・ただしレコードのイコライザアンプはもちろんアース線も接続する必要があります。

3.ただしアースループはなるべく作らないこと、必然的に出来てしまう場合はループを最小にすること。

・録音機器の様にRECINとPLAYOUTなどINとOUTを接続する必要が有ると、必然的にアースループが発生します。この場合はとりあえずケーブルの配置でループを最小にするしかありません。

要点は以上3点ですが、図解しないとわかりにくいと思いますので、おいおい具体例をあげて説明していきたいと思います。
(家庭用機器でも冷蔵庫、洗濯機など比較的大電流が流れる機器、水が関係する電気機器は感電防止上、アースする事が必要ですのでくれぐれも注意してくさい。) (2007/09/27)

11月 2018年12月 1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031