現代のダンピングファクターの意味

現代アンプにおけるダンピングファクターの意味

ダンピングファクター(DF)と聞くとDFが大きければ低域のダンピングがよくなると想像しがちですが、一般にそんなことはありません。

DFが大きくなると低域が締まって聴こえたのは真空管アンプの時代の話です。真空管アンプではDFが1-10程度のものも多くありましたので、この時代は確かにDFが大きいと出力抵抗が小さいのでウーハーの電磁制動がより効くようになって音が締まって聴こえていたのです。

トランジスタアンプではDFは最低でも100程度はありますので、こうなると低域の締り方とはそれほど効かなくなります。

それではダンピングファクターDFは無意味な指標かというと、そうではありません。これはこれである重要な指標となります。次のセクション以降で詳しく説明していきたいと思います。

*ただし、トータルのNFBを掛けない半導体アンプではDFが10程度になります。この程度のDFですと低域がかなりゆるくなる可能性はあります。