市販パワーアンプの仕様一覧

パワーアンプのスペック比較

各社スペックのまとめと解説

アンプの性能・仕様には高い注目度があるようです。当社のアンプについても細かな質問をされる方が多くいらっしゃいます。ただアンプのスペックを単純に比較しただけでは、良いアンプを選ぶことはできません。むしろ単純にスペックを比較してアンプを選ぶとろくな事にはならないと思います。このお客様ははたして良いアンプを選ぶことができるのだろうか?と余計なお世話かもしれませんが、心配することも多い今日この頃です。

そこで、ここで各社のパワーアンプについてスペックをまとめ、オーディオデザイン社的な解釈を説明していきたいと思います。

(未完成ですが、徐々に内容を充実させていきます)

オーディオデザイン/Audiodesign

オーディオデザインAudiodesign
型式 出力

価格

大きさ

WxHxDmm

重量

kg

SN比 dB

歪率

%

ゲイン

dB

DF

unb/BTL

DCPW-240 270W+270W 500,000 260x290x360 18 134 0.0007(1kHz)

22

(1500)*1/850

DCPW-100*

80W+80W 270,000 260x290x36 15 130 0.0005(1kHz) 26

1500/ - 

*販売終了モデル

*1)DCPW-240ではアンバランス出力はありませんが(RCA入力時もBTL構成で片側入力アースとなっているため)、あったとしたらこの数値になりますという意味で記載しています。

アキュフェーズ

アキュフェーズAccuphase A級
型式 出力

価格

(税込)円

大きさ

WxHxDmm

重量

kg

SN比 dB
gain
max/min

歪率

%

ゲイン

dB

DF
A-250 100W 1,350,000 465x238x514 46 127/133 0.03 28/25/21/16 1000
A-75 60W+60W 1,296,000  465x238x515 43.9 122/128 0.03 28/25/21/16 1000
A-48 45W+45W 734,000 465×211×464 33.0 117/122

0.03

28/25/21/16 800
A36 30W+30W 442,800 465×171×425 22.8 112/120 0.03 28/25/21/16 400

 

 

解説

DFはBTLモノーラル構成にすると約60%に低下します。

SN比はゲインが大きくなると(通常は比例して)低下します。

アキュフェーズAccuphase AB級

型式 出力

価格

(税込)円

大きさ

WxHxDmm

重量

kg

SN比 dB
gain
max/min

歪率

%

ゲイン

dB

DF
M-6200 150W 972,000 465x220x499 40.2 127/133 0.03 28/25/21/16 1000
P-7300 125W+125W 1,296,000  465x238x515 48.6 125/131 0.03 28/25/21/16 1000
P-4500 90W+90W

594,000

465×190×427 29.2 121/126

0.02

28/25/21/16 700

 

 

ラックスマン

ラックスマンLuxman
型式 出力

価格

大きさ

WxHxDmm

重量

kg

SN比 dB

歪率

%

ゲイン

dB

DF
B-1000f* 250W 1,890,000 428x295x592 64.0 118 0.007(1kHz)

33.0

480

M-900U

150W+150W 1,350,000 440x224x485 48 117 0.1 28.9 710
M-700U 120W+120W 626,400  440x190x427 27.5 115 0.1 29.0 350
M-600A* 30W+30W 469,500 440x189x420 26.5 114 0.1 /0.009(1kHz) 29 350
M-200 25W+25W 138,240 364×81×297 7.0 107

0.06

28/25/21/16 100

*販売終了モデル

6月 2020年7月 8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031