オーディオにおけるSN比の意味

一般にSN比とは文字通りSignal(信号)とNoise(ノイズ)の比率で、これが大きいほどノイズが小さいことを表しています。

オーディオアンプでも昔の基本性能が十分でなかった時代では、サーというノイズが聴こえたりするので、ノイズの少ないということがオーディオアンプの重要な指標の一つでした。

現代のオーディオアンプでは、通常の試聴状態で(レコードを除けば)ノイズが気になることはないでしょう。

ただ、SN比という性能は製品の完成度やエンジニアの資質を推察する指標として現代に於いても重要な性能だと考えています。そのためにはSN比に関する最低限の知識が必要です。そこで、ここではオーディオ機器のSN比について、どこよりも詳しく解説します。

7月 2019年8月 9月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031