CDプレーヤー機種間の音質差について

CDプレーヤーの購入動機


最近CDプレーヤーを入れ換えました。これまで使用していたCDプレーヤーはソニーのCDP-555ESDというもので、まだソニーも音響製品に力を入れていた20年くらい昔のものです。価格は128,000円くらいだったと思います。 記憶が正しければ当時の最高級モデルで、パーツから何から相当凝ったものでした。 このCDプレーヤー、途中で中のベルトが外れてトレーが動かなくなることが何度かありましたが、それを自分で直した他はトラブルもなく動作しています。

このCDプレーヤーの音質は非常に骨格がしっかりしたという感じの音で、(カートリッジで言えばDL-103のような感じです)悪くないのですが、唯一の気になる点は音が(特に中高音が)硬いことです。 昔CDが出始めた頃、よくデジタルくさいという表現が用いられましたが、まさにそういう音で、中高音がちょっと聴きづらいのです。 何しろ昔のものなので、今聴いてみて少々難があって当然かもしれません。555ESDの音質がずっと気になっていてさぞかし最近のCDPは音がいいのだろうなと想像していたのです。

実は2年前にSACDも再生できるマランツのSA-8400というのを買ったのですが、音が薄っぺらく、音楽を聴いてあまり感動できないので結局使用しないでいました。

新しいCDプレーヤーの音質差


今回は定評のあるDCD-SA1を購入しました。実際聴いてみてびっくりしました。音が良くなったことにではありません、音が期待したほど変わらなかった事にです。 価格も4倍ですし、50万円という定価から考えれば相当の物量を投入できるはずです(事実そうなっていると思います)。しかしその結果出てくる音がこの程度の差であるとすると、はたして音質面から考えてこの価格差は妥当なのか?と思ってしまいます。と同時にこのCDPを絶賛しているオーディオ雑誌、業界は何なのだろうかと疑問を感じぜざるを得ません。 確かにDCD-SA1は555ESDと比較して一番気になっていた音の硬さはありません。ただその他の点ではほとんど互角です。むしろ555ESDの方が低音がしっかりしていて、聴いていて気持ちがいいこともあります。555ESDの方がスピーカーBOXの補強をしたような、低音域のしっかり感があるのです。

CDメディアによる音質差


少し話は変わりますが、皆さんはCDをパソコンなどで一度良質のCD-Rに焼き付けると音がよくなるというのをご存知でしょうか? 太陽誘電の高音質デジタル録音用「美録」という金色のCDがあるのですが、これにパソコンでCDをコピーすると、オリジナルのCDより音が(特に高音が)よくなります。 高音がきれいになり、しかも高音のレベルが上がった(正常に戻った)様に聞こえるのです。

太陽誘電製 音楽専用CD-R
音の良いCDメディア
音の良いCDメディア2

この、CD-Rにコピーするという手法は結構音質を大きく変えるのです。そこで2台のCDPにオリジナルのCDとコピーしたCD-Rを入れて、セレクターで2つのCDPの出力を瞬時切り替えを行い試聴比較すると、下表のようになりました。

CDプレーヤー 試聴CD 試聴結果
CDP-555ESD(ソニー) CD-RコピーCD ソニーのCDPで再生した方が高音がきれいに聞こえます
トータルでもソニーの方が好ましい音です
DCD-SA1(DENON) オリジナルCD
 
CDP-555ESD(ソニー) オリジナルCD デノンのCDPの方が当然音は全般的に良いです
DCD-SA1(DENON) CD-RコピーCD

つまりCDP間の音質差というものは、CDのメディア(実際には焼付け方法も含みますが)の音質差よりも小さかったのです。

おわりに


デノンのCDPの音質は価格に見合っただけの向上がなかったので、正直少しがっかりしました。と同時に、オーディオ業界というものをつくづく考えさせられた体験でした。

(2006/10/14)