最近の秋葉原について思うこと

職業柄よく秋葉原で部品を調達します。ほとんどの電子部品はある電子商社さんから(1ロット100-200個単位で)購入しますが、少量の部品や特殊な部品などは秋葉原で購入した方が便利だからです。
最近の秋葉原は元気がありません。少し前まで秋葉原を席巻していたパソコンショップもどんどん店をたたんでいっています。普通の家電屋さんもどんどんなくなっています。いまはお店で現品を見てネットショップで最安値で購入するようなことが多いからでしょうか?かといってそれに変わる新しい種類のお店も入らずテナント募集の状態の店が増えています。マンガやもえーも取って代わるほどのパワーはない様です。
そうかと思えば秋葉原の駅前にはダイビルとか秋葉原の特色とまったく関係ないビルがそびえています。
ガード下のお店も電子部品を売るところは少なくなりました。先日帰り際に普通の電解コンデンサが数個必要なことを思い出し、駅前のラジオストアあたりで買おうとしてびっくりしました。小さい汎用の電解コン(16V/220uF)がなんと160円位しているのです。卸の単価は数円のはずですがこれはいくらなんでも高すぎます。安いものなので多少上乗せしないと割に合わないのはわかりますが、数十倍の価格に設定するのはあんまりです。これでは秋葉原で部品を集めて自作なんてできたものではありません。
思えば昔はどこももっと良心的な価格だったと思いますし、おまけをしてくれる余裕もあった様な気がします。自作をする人が減って数が出ないようになったためでしょうか?悪循環です。
これからどんどん秋葉原も変わっていくと思いますが、ここは私にとってはいわば聖地エルサレムのようなものです(大げさか?)。ともあれ、最後まであたたかく見届けたいと思っています。

コメントを残す