新DAコンバーター

DAコンバーターDCDAC-180/概要

■ES9038Proを搭載し、音質を極めたDAコンバーター

DCDAC-180は、ES9038ProにディスクリートIVコンバーターと超低ジッタークロックを組み合わせたDAコンバーターです。

・DACチップにES9038Pro採用
・専用設計のディスクリートIVコンバーター搭載
超低ジッタークロックを搭載
・リニア式ディスクリート安定化電源+-15V、+5Vを搭載
・バランス出力
・SPDIF(同軸、光)とUSB入力対応
・PCM384kHz(win10)、DSD11.2MHz(win10)再生対応

(mac、Linuxは192kHz, DSD5.6MHzまで)

■価格(税込)

DAコンバーターDCDAC-180 330,000円(税込) カートボタン

DAコンバーターDCDAC-180/製品詳細

■本当にいい音がするDACは後からやってくる

DACで肝心な3要素を完璧にすることで実現した最高の音質

1. 超低ジッター水晶発振器

水晶発振器の精度は位相ノイズの周波数特性で表されます。ES9038の様なDACチップでは、内部でオーバーサンプリングする事によって信号の精度を上げていますので、水晶発振器のジッター特性が非常に重要です。

DCDAC-180では市販の水晶発振器の中でも最もジッターの少ない、超低ジッター水晶発振器(-170dBc/Hzクラス)を採用しています。

2. IVコンバーター回路

DCDAC-180では、USBインターフェース、DACチップ+水晶発振器、IVコンバーター基板の3枚を重ねて搭載しています。デジタル・アナログ信号の分離、各ユニットの最短距離での配線を行うことで、最高の性能を発揮するように設計されています。

また、IVコンバーター回路には当社最新設計のディスクリートアンプユニットを搭載しています。OPアンプでは得られない高い解像度と力強さを両立しています。

3. 電源回路

DCDAC-180ではデジタル回路用電源基板、アナログ回路用5V電源基板、IVコンバーター用+-15V電源基板の3枚を独立に用意しています。このうち、デジタル用を除いたアナログ回路用5V電源基板、IVコンバーター用+-15V電源基板は、3端子レギュレーターではなくディスクリート構成のリニア式安定化電源を用意した贅沢な構成となっています。

高速・低インピーダンス・低ノイズな安定化電源は、音の力強さとまろやかさを両立させる原動力となっています。

4. 性能/スペクトル特性

左は1kHz-60dBを入力した際のFFTスペクトルです。

スペクトルのベースラインは-145dB程度と、非常に低ノイズであることがわかります。

DACのデジタルフィルターを変化させた際の周波数特性です。サンプリング周波数は48kHzで測定しました。

FastRollOffでは文字通り急峻な減衰となるため、24kHz近くまでフラットな特性です。

SlowRollOffではなだらかな減衰特性のため、24kHzでは-3dB(x0.7)程度に減衰します。ただ20kHz程度まではほぼ平坦で、聴感上影響を及ぼすレベルではありません。

Apodizingとは英訳を見ると超解像となっています。通常よりも特性を伸ばす手法で用いられる用語ですが、Slowよりも特性が伸びています(Slowに対して超解像の意味のようです)。FastRollOffとSlowの中間的な特性となっています。

聴感上も上記特性の通りで、Slowにすると微かに柔らかく、聞きやすい音調になります。ただその差は僅かで、ようやく聞き取れるかどうかというレベルです。

5. 外観

DAコンバーターDCDAC-180/仕様・価格

■仕様

  DCDAC-180
  入出力
入力(USB) PCM 384kHz / DSD 2.8MHz, 5.6MHz, 11.2MHz
(Mac,Linux/ PCM192kHz, DSD5.6MHzまで)
入力(SPDIF)  SPDIF: 光(96kHz)&同軸(192kHz)
出力 XLR(3.2V)&RCA

デジタルフィルター切替
(前面ツマミによる切り替え)


1. Slow Roll-Off Minimum Phase
2. Slow Roll-Off Linear Phase
3. Apodizing Roll-Off Linear Phase
4. Fast Roll-Off Linear Phase
5. Fast Roll-Off Minimum Phase

DACチップ ESS社 ES9038Pro
クロック 温度補償型 超低ジッター-170dBc/Hz 水晶発振器
IVコンバーター ディスクリートIVコンバーター
THD/全高調波歪率 0.0003%
SN比 124dB(A)
ダイナミックレンジ 124dB
  外観
寸法      230x100x340mm(WxHxD) 突起含まず
重量           5.0Kg
付属品      ACコード、USBケーブル、windows ASIOドライバ

 

■価格(税込)

DAコンバーターDCDAC-180 330,000円(税込) カートボタン

 

DAコンバーターDCDAC-180/お客様の声


おすすめ度 ★★★★★   MaakunKeio2000様 2021/03/12
中低域が高密度で太く、高域が有機的で大変美しいサウンドのDAC

1、まるでアンプを変えたかのように、スピーカーからの音離れが向上する。
2、音量にかかわらず、音が静かになる。特に小音量時でもエネルギー感が失われない。
3、スピーカーの外側に音が広がると同時にスピーカー中央の密度も高まる。
4、録音の新旧問わず、情報量が向上して実体感が高まる。
5、高域が非常に伸びていて、大変しなやかで厚みがある。

以上を全て満たした安心して聴き続けられる非常に練られたサウンドです。

オーディオ機器は次の通りです。
スピーカー B&W 805d3
パワーアンプ アキュフェーズ Pー7300
プリアンプ アキュフェーズ Cー3850
プレーヤー アキュフェーズ DP-750
電源コンディショナー isotek Sigmas

極めてしなやかで、太く、情報量が多いです。SACDハイブリッドディスクのCD層を、まずDPー750単体で再生、その後、同軸入力DCDAC-180で再生、そしてDPー750単体でSACD層の再生と3パターンを比較してみました。

CD層再生であっても、音の広がり、前後感、中央ボーカルの色彩感、いずれをとってもSACD再生に遜色ない音であることに大変驚きました。CD層からこれほどの高密度でしなやかな音を聴くと「本当にSACDは必要なのか」と深刻に悩んでしまいます。
DP-750単体よりもDCDAC-180同軸接続後はクラシックはホールトーンがきめ細かく再現され、ジャズでは明らかにシンバルに厚みが出てきて、エネルギー感が向上し、スピーカーの上下左右にさらなる広がりと情報量が向上されるばかりでなく、トゲトゲしていた高域がなめらかでしかもエネルギー感があります。

CD再生中にSACDを聴いているのかと何度も錯覚したほど差が僅かです。かなり集中して聴き比べないと違いがほとんど判りません。DCDAC-180のコストパフォーマンスは驚異的です。


次にMac mini(Audirvana ver3.5.44)から付属のUSBケーブルを使い、Bill Evans trio「Explorations」DSDデータを再生しました。

1曲目のピアノ導入部分で今まで聴いたことがない音です。一音ずつに重みがあり圧倒的な実体感があります。ハイハットの微細な響きとベースのボディ感はアナログ的で音の厚みがあり押し出し感も充分です。

今後使い続けてゆけば、まだまだ別の魅力を見つけられそうです。
非常に優れた製品をありがとうございました。


おすすめ度 ★★★★★   金沢のK様 2021/02/02
・購入に至る経緯
 デジタル音源(CDP or PC) →デジタルイコライザー →デジタルチャンネルディバイダー →DACx2 →マルチチャンネルプリアンプ →パワーアンプx2 →スピーカー という構成でのシステムを長いこと使用してきました。
 その後デジタル処理系をDEQXでまとめた時点で何となく満足してしまっていたのですが……DAC界の栄枯盛衰が著しいので、検証用に導入してから長らく働いてくれたハイCPなDAC(C社DA53)を交換し、最新技術の恩恵に与ってやろうと思いついて導入を決意。

・音質について
 容赦ない機械です。忠実度の高さ故か、何気ない音色の緻密さにゾクッとさせられる一方で、質の悪い録音状態もえげつなく露呈されます。そして改善にはすぐに慣れてしまうため、脳内ハードルが絶賛爆上がり中。名盤は古くても伊達に名盤と言われてない事を痛感しつつ、好きなのに聴くのが辛い音源が増えるジレンマを感じているところです。
 また、CDPからの音に対し、PCからのUSB接続が微妙に冴えない気がしていたところ、ついに無視できなくなりました(笑)
 なお、隣接するウォークインクローゼットの蛍光灯のオンオフで一瞬音が途切れるという症状も観察されるようになりました。もしかして飛び込みノイズでロックが外れるのかな? 精密な分シビアなのかも。
 ……ノイズ流入やジッターへの対策を真面目にやらねば。

・機種選定に際して
 世代を考えると大抵の機種で音質向上が見込めると判断。物理的都合と物欲刺激感に従うことに。設計者の明快な考え方や設計思想に興味をそそられたことや、素性のはっきりした日本製という点も魅力でした。
 最大の決め手となったのは、シンプルな形状とラックに二つ並ぶサイズです。しっかり容積を取った無理のないレイアウトで、妥協のない内容をハーフラックサイズに納めている点に好感。
 あと、トグルスイッチは最高ですね。操作時に筐体がずれないし、手垢がつかないし、何よりかっこよく操作感がたまりません。

・まとめ
 同時期同クラスのDACと比べたわけではないので、それらに対する優位性うんぬんについては言及できませんが……最新機器にふさわしい絶対的なクオリティー向上で余力を引き出し、停滞していたシステムの目指すべき方向と要改善点を示唆してくれたという点で、満足のいく買い物でした。


おすすめ度 ★★★★★   茶色の猫好き様 2020/11/09
20年選手のTEAC VRDS-50(OPT接続)とLINN AKURATE DS(同軸接続)に使用。一聴して絶句しました。特にVRDS-50の変化は顕著で、音像定位の立体感、空間の広がり感、音の緻密さが段違いです。LINNでも傾向は同じで、一見(一聴?)おとなしい感じになりましたが、良く聴くと余計な音が出ていない感じ(雑味が取れた様な)で、今までうるさくてボリュームを上げれなかったソフトも、ボリュームを上げて聴ける様になりました。
フィルターの切り替えは、マニアックで良いですが、私の駄耳では違いがよくわかりませんでした。外見はシンプルで好感が持てますが、ディスプレイが結構明るくて目立ちます。減光かOFFにできるとよりいいと思います。
総合的に見て素晴らしいコストパフォーマンスの製品だと思います。
社長さんの考え方がブログや著書よりわかりますが、オーディオ業界にありがちなオカルト的な発想ではなく、しっかりとした理論と経験に裏打ちされた開発姿勢に非常に共感を覚えます。


おすすめ度 ★★★★★   鹿児島sm様 2020/06/11
現有装置はノートパソコン(WINDOWS10)→HD-7A192(Phasemation) →CL-88(Luxman管球プリ)→M-200(Luxman)→HL-P3ESR(Harbeth)でコントローラーはiPadによるmconnect Player HDで,音源は外付けSSD(Samsung 500G 850EVD)であり,今回DCDAC-180を購入。心配していたのは使用している音楽再生ソフトであるJPLAY FEMTOが推奨するKS(Kernel Streaming)に対応しているかであった。
DACをHD-7A192(10年近く使用したHD-7A192ではKS時はプチノイズがあり,WASAPIで鳴らしていた)からDCDAC-180に入れ替えたが,何ら問題もなくKS(AMANERO社が対応)でJPLAY FEMTOを鳴らすことが出来たことは大収穫であった。ただし,シングルPCでこの組み合わせではDAC Linkは最高100Hzまでである。
製品に付属の電源コードとUSBコードで1週間鳴らした感想であるが,ピアノ伴奏による声楽で,高域での伸びと曖昧さのないない声,実態感の高いピアノが最初の印象でしたが,色々聴いているうちに,ヴァイオリンなど弦楽器で線が細く僅かに滑らかさが足りない感じがあり,社長さんの著作に反してUSBコードを現在使用しているAIM社製(UA1-P010 )のものと交換したところ,不満のあった部分が全く払拭され,高音域の滑らかな伸びやかさ,中低域の張り出し感と相まって,SN比の高さのなか音場感が素晴らしい。
デザインもハーフサイズで無駄のないスッキリしてCL-88とグッドマッチングである。
オーディオデザイン社のDACのことについての記述が雑誌以外非常に少ないので,社長さんのブログが非常に参考になった。


おすすめ度 ★★★★★   札幌のSさん様 2020/06/02
2週間と少しで組み上げていただき配送していただきました。
システムはPC→DCDAC-180→しなの音蔵プリ(真空管)→P&Gフェーダー→しなの音蔵300Bメイン→YAMAHA NS-1000M(restored)です。
使用中のアクセサリー類はすべて外し、付属USBケーブルと電源ケーブルで使用。電源を入れて、1日目の感想です(以下箇条書き)
- ピアノの鍵盤が大きくならない(変に膨らまない)、ちゃんとした鍵盤の大きさで聞こえる。
- ピアノの高低の音の出所の違い、ウッドベースの音にさらに付帯する低音が描き出されている
- いわゆる”アナログチックな”中央部にバーンと音像が張り出してくる、ブリブリゴリゴリ主張するのではなく、会場、或いは録音現場の空気を含めて、スピーカーの周囲に展開させるような広がり方。この会場の空気感はフェーダーを開けると、更にいい感じで広がる。エージングで更に充実感とか、艶が出てきそう(勘)
- 歌曲の歌手の立ち位置、他の楽器の位置も正確
- ピアノ、サヌカイトの演奏とも、高域の音のにじみがなくほっとしている。
- なかなか鳴らなかったCD,,,INBALのMAHLER 5番はやっぱり鳴らない...録音のほうが悪いのでは、ということで、SONYのHDRから10mの75Ω RCAケーブル経由でヤルヴィN響のクラシック音楽館を聞いてみたところ、よく鳴った(やっぱりCDが..)
- 子供が音が変わったといっている、原因は何だ、DACだと言ったら、この機械でこれほど音が変わるとはと驚いていた。
- 意外とでかい 予定していたところに入らなかった デザインかっこいい 煌々とした青いディスプレイは賛否はあるかと思うが、わたしはかっこよくて好き。
- 天板は熱くはならない 
- 欲を言えば、光端子よりもBNC端子とかバランス端子があるとよい(オプション対応はいかがでしょう)。
- 社長の本を読む機会があり、ご縁があり注文させていただいた。今は製品の実物を見たり、音を聞いたりできないのは残念。社屋移転の際にはぜひ試聴室を。
- ブログも楽しみにしています。購入を考えている人間は、自分の好きになった商品の更新された情報があると嬉しいものです
社長さん、組んでくださった,深栖さん どうもありがとうございます。
作っていただいてよかった。大切にします。


おすすめ度 ★★★★☆   森様 2020/04/18
評論家の方々がコメントされているとおりの音質です。一番わかりやすいのが、広告にある「繊細で高解像、太く骨格があるのにまろやか」です。外観に高級感とかはありませんが、スッキリとして良いと思います。機能面では、マイテック・デジタル社やメリディアン社の製品にも搭載されている各種デジタルフィルターの選択ができ、音源その他で使い分けができるのも良いと思います。低ジッターの水晶発振器が使われていますが、さらに外部10MHzクロック入力端子があればベストと思います。比較した現有機はシステムが2系統あり、ソウルノートD1NとエイプリルミュージックDP1ですが、御社のDCDAC-180がメインシステムに、DP1はヘッドフォンアンプへと引退しました。また、付属のUSBケーブルも初めて見た商品ですが、PCからDACまで距離があるため長さも2mと適切でかつ自然な音で好ましいものでした。


その他、オンラインショップのレビューはこちら
DAコンバーターDCDAC-180 お客様の声

DAコンバーターDCDAC-180/記事・受賞歴

オーディオアクセサリー誌においてDAコンバーター部門オーディオ銘機賞2020を受賞しました。

無線と実験誌において第38回テクノロジーオブ・ザ・イヤー、デジタル部門優秀賞を受賞しました。
2020年1月号(12/10発売)にて紹介されています。

紹介記事はこちら