ミュージックサーバー発売のお知らせ

ミュージックサーバーMS-100を発売します。

ラインナップは次の通りです

型式   仕様      価格(税込)

MS-100L(ボード無)     99,000円
MS-100T(TinkerBoard)   121,000円
MS-100R (RaspberyPi)  121,000円 (ラズパイボード入手困難のため当面販売無)

コンピュータ・ボード付きのものは音楽再生OS「Volumio」をプリインストール済みです。

受注開始:4月18日

注文はこちらのオンラインショップからお願いします。

発送:4月末頃より順次発送の予定です。

MS-100でできること

入力ソースとしてはUSBメモリ、USBハードディスク、ネットワーク上のNAS(Soundgenic等)などの音源をUSB-DACなどで再生することができます。

音源のデバイスを選び、アルバムを選んでから曲の再生が行えます。

操作に関しては本体のタッチパネルでも可能ですが、タブレット、PCなどからも遠隔操作可能です。

詳細は製品ホームページをご覧ください。

ご注意

操作自体は簡単ですが、セッティングなどにある程度のコンピュータの知識が必要になることがあります。ラズパイなどを自分でいじくる人向けの製品で、コンピュータは全くできないという人には向きません。

また使用している音楽用OS「Volumio」には多少のバグがあります。この点は免責とさせていただきます。製品保証も通常の製品と異なり、コンピュータ部は初期動作のみとなりますのでご了承ください。

ジッター特性を実測してみました その2 PC出力のジッターは?

はじめに

前ブログではCDプレーヤーのSPDIF信号についてジッターを測定してみました。今回はパソコンとSPDIFアダプターの組み合わせについて調べてみました。

使用装置

使用したのはこのHifaceではDellのラップトップInspiron14(corei7,win10)の組み合わせです。

Hiface

測定結果

話が前後しますがオーディオアナライザーSYS-2722ではまずデジタルオシロの様に波形観測ができます。これは実際にSPDIF信号(44.1kHz)の出力波形を測定したもので44.1kHzの64倍の2.82MHzをベースに1、0の信号が出ていることがわかります。

ジッター信号のヒストグラム

この信号の本来の周期からのずれを測定したものがジッターとなります。その時間誤差の値を頻度で表示したものがこちらのヒストグラムです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-18-1024x908.png
Hifaceのジッターヒストグラム

前ブログのCDプレーヤのもの(下図)と比較するとほぼ同じ形に見えますが、実は縦軸がこちらは10%と2倍になっていますので、誤差の頻度は2倍に大きくなっています。時間の誤差(横軸)は+-1nsで、SD-9500のジッターと同程度であることがわかります。

CDプレーヤーのジッターヒストグラム

PC+Hifaceのジッターは安価なCDプレーヤーよりはよいものの、最上位機種のプレーヤーには劣っています。

ジッター信号のFFTスペクトル

こちらはHiface出力のジッターのFFTスペクトルです。その下のCDプレーヤーのジッター値と比較すると、ほぼSD-9500(ピンク)と同じであることがわかります。ただkHz帯にSD-9500では見られないピークが多数出現していてこれらがジッター値悪化の原因になっているのかもしれません。kHz帯のピークはPC由来のノイズかもしれません。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-16-1024x723.png
Hifaceのジッタースペクトル
CDプレーヤーのジッタースペクトル

終わりに

ということで、PC+デジタルインターフェースの組み合わせについてジッター特性を測定してみましたが、単純に機器の形態(プレーヤーかPCか)ということではなく、その機器の品質・性能に左右されているのかなと感じました。

また、再度お断りしておきますが、一般にジッター特性は機器の再生音質を左右する重要な要素ではありますが、今回の機種に関しては再生音質とジッター性能にあまり相関が無いように思います。
この辺がオーディオの奥が深いところで、常に模索する日々が続いています。

音が良かった世界のコンサートホール !勝手にランキング!

これまでに行ったことのあるコンサートホールについて、その印象を整理してみました。

上位のホールはそのホールの音を聴くために行く価値のあるホールです(東京芸術芸術劇場は行った方も多いと思いますので比較のために記載しました)。

私個人の嗜好/独断によるものですので、その点はご容赦下さい。

世界のコンサートホールランキング

順位 場所 ホール 音量 バランス 音色 場所 設備 合計 備考(参考ブログへリンク)
1 アムステルダム コンセルトヘボウ 5 5 5 21 すべてがお手本
2 ロンドン バービカン 5 5 4 2 2 18 低域が厚い
3 ウィーン 楽友協会 5 4 5 3 19 音色が秀逸
4 プラハ スメタナ 18 貴族の雰囲気
5 ブタペスト リスト音楽院 18 こちらも良い
6 東京 東京芸術劇場 3 4 14 改装後音色よい
(比較のために)
ベルリン ベルリン・フィルハーモニ 2 3 2 2 2 11 コンセプト面白いが・・・
東京 サントリー 1 1 3 2 1 8 評判はいいのだが???

音量/バランス/音色は5点満点(5が最高) 場所/設備は3点満点。

各評価の基準

音量:ホールの席で聴いた際の音量・音圧 もちろん演奏者で変わるがホールによると思われる要素で評価
バランス:帯域のバランス、聴こえてくる低域と中高域の音量バランス
音色:楽器の音色そのもの特に弦楽器の音色、声の質感など
場所:所在地の雰囲気、アクセスの良さなど
設備:トイレ、バーなどの設備の良否

 

各ホールのコメント

ホール コメント
コンセルトヘボウ なんと言ってもここが一番。その音質は柔らかく、しかも音圧は十分、帯域のバランスもよい。ゴッホ美術館の向かいにあり、立地も良い。言うことなしのお手本。
楽友協会ホール 音圧が高く、かつ低域が野太く聴こえて迫力がある。フルート一本でソロ演奏ができるくらいのホール。残念ながらフルオーケストラの音は聴いていない。
バービカンホール 扇形の形で合理的な作り、設計のお手本になるようなホール。音圧が取れていて低域が豊か。帯域バランスとしてはやや低域よりだが、素晴らしいホール。
スメタナホール 場所、入り口の雰囲気がすばらしい。小さめのホールだが、チェコフィルがぎゅうぎゅうになって引く演奏は圧巻の一言。ここで聴いた運命はダントツでいままで聴いた音楽の中で一番。音圧、迫力、音色演奏の旨さすべてが揃っていて、誰が聴いても100%感動間違い無しの音だった。(ただしこのホールが良いというよりも、オケがすばらしかったわけだが)他のオケだとやや普通に聴こえた?
リスト音楽院ホール ここで聴いたモンタナロ指揮のベートーベンは圧巻だった。指揮者の実力というものが大事だと教えてくれた。楽器の配置も独特で考えられていた。音も演奏も素晴らしかった(ただし曲目は残念)。
東京芸術劇場 東京の中では良いホール。特に数年前に改装して(パイプオルガンを囲うようになって)からは音色に関しては出色の出来。音色が非常に綺麗に聞こえるようになった。
ここから下は評価が高くありません。ただ巷の評価は高いので参考のために記載しています。
ベルリン・フィルハーモニー  ホールの形状が複雑で、まるでガウディの建築の様。実際に行ってみると天井が低めでそれで救われている感はあるが、やはり後ろが抜けているので、音は小さく迫力は出ない。音色はまるですべての弦楽器が超低品質のステレオのような非常に硬い音で、よく生でこんな音がでるなと不思議だった。(一番前で一度聴いただけなのでこの感想が一般的かどうかわかりません)
サントリーホール このホールはとにかく音が小さい。音が後ろ、上(天井方向)に逃げて音圧が取れないからでしょう。音量が小さいだけでなく、特に低域が弱くなるので、帯域のバランスがすこぶる悪いです。一流のオケもここでやりますが、残念ながら私は感動できたことがありません。クラシックファンが増えないはずです。

 

オランダ・コンセルトヘボウで音楽を聞いてきました -音質は一番?-

音の良いコンサートホールとして有名なコンセルトヘボウに行って、その音質を確かめてきました。コンセルトヘボウ管弦楽団が奏でる音質は、弦楽器の音色、フワッと広がる音場、音の柔らかさなど通常のコンサートとは異次元の音質と言って良いものでした。

始めに

オランダのコンサートホールであるコンセルトヘボウは音質のいいホールとして有名です。今回このホールの音質を確かめる為に実際に行って聴いてきました。今回聴いた聞いたプログラムは次のとおりです。

9/14(Fri)指揮者 THOMAS HENGELBROCK
ピアノ Evgeny Kissin コンセルトヘボウ管弦楽団
Hector Berlioz, ROMAN CARNIVAL, OUVERTURE, Franz Liszt /PIANO CONCERTO NO. 1
Gioachino Rossini, OUVERTURE FROM ‘IL BARBIERE DI SIVIGLIA’, Felix Mendelssohn SYMPHONY NO. 4
Giuseppe Verdi, BALLET MUSIC FROM ‘OTELLO’

ホールの印象など

アムステルダムの中央駅から路面電車で20分くらいのところに美術館などが集まっている所があって、コンセルトヘボウもその一角に位置します。日本で言うと上野の様な感じでしょうか。外観はいかにも昔の音楽ホールと言った感じで風格は有りますが、かといってスメタナホールのような高尚さはなく、横にある入口などの造りは結構あっさりとしています。

ホールの中にはいると写真で見るよりも小さく感じるます。特に前後は以外と短かく、これで2000人収容出来る様には見えません。

形はほぼ直方体なのですが、特徴的なのは普通はステージの演奏者側がひな壇のように徐々に上がって言っている事で、客席側は平坦なのですが、後の演奏者も見える様になります。それと後ろの角がRになっています。ひな壇型とこのRで演奏側の立体角が絞られていることになります。

 

ドレスコードはブラックタイ って何?

これは撮影のサービス

よくコンセルトヘボウの解説に服装は自由みたいな事が書いてありますが、この日のコンサートはドレスコードが指定されていて、”BLACK TIE”でした。当初ダークスーツでも着ていけばいいのかななどと考えていましたが、何度もドレスコードを念を押すメールが来たので調べてみると、なんとタキシード着用でした。ブラックタイと言うのは蝶ネクタイの事だったのです。

皇室行事などで燕尾服着用が一番フォーマルだそうですが、これを除いて事実上もっともフォーマルな服装指定だそうです。

ホワイエの雰囲気

この日はドレスコードだけではなく、チケットの価格も高くて約4万円でした。演奏の前に食事(walking dinner)が付いていて、6時からディナー、8時から演奏と言うスケジュールでした。私は値段から考えてホテルのバフェの様なものかと思っていましたが、そうではなくもっと簡素なものでした。ホワイエと呼ばれる廊下のような所にbarがあり、好きなだけアルコール類が呑めます。

ただホールの廊下ですがら、参加者全員揃うともう満員状態でそこに時どき小皿料理を持ったウェイターが現れるという程度です。この状態で2時間立ったまま過ごすのですから、むしろ辛いのです。

前菜、メイン、デザートなどが小皿で

オランダ人同士は知り合いも多いらしくあっちで盛り上がり、こっちで盛り上がりしているのですが、まあ日本で言う居酒屋状態ですね。オランダ人は人と話しをするのが大好きなようで、ここに限らずずっと喋っている人が多い気がします。

 

 

 

音質はどうか

席は22列の18番でやや後方の列で、ほぼ中央です。ステージまでの距離は32歩でした。昔造られたので椅子のサイズは比較的小さくて、昔の映画館の座席程度です。オランダの人が座るとひざがほぼ前の座席にとどきます。

ここの音は流石、評判がいいだけの事はあります。中低域が豊かでふっくらとステージ全体を包み込むような雰囲気です。それと楽器の音色が今までに聴いてきた音と次元が違います。たとえばホルン、トランペットとの音色が澄みきっていて、しかも金管なのにやわらかい音で突き刺すような感じが全くしません。まるで木管楽器の様です。このホールは特にコントラバスやチェロなど低域の楽器の音がとてもいい感じになります。ふくよかで、まろやか、しかも艶があってホール全体を包見込みます。

ホールの残響はやや長めですが、非常に自然に聞こえます。

弦楽器は暖かみがありふくよかで心地良い音です。今までに聴いたどのホールとも違いますし、オーディオ装置、録音からもこのような音、音色は聞いた事がありません。

まあ強いて例えればソナスファベールの出す音に似ているかもしれません。(ソナスに似ていると言うよりも、こういった音になるようにソナスが音造りをしているといった方が良いのかもしれませんが)

演奏の音の大きさはこれまで聴いた最大級ではありませんが、充分な音圧は取れていると思います。

演奏はもちろん上手で金管も外す気配もないので安心して聴いていられます。各楽器のパートもバッチリ揃っていて、楽器を弾けない私のレベルからすれば完璧な演奏でした。

ただ一つ気になる所があったとすれば、このホールは残響が長めなので音が切れる前に次の音が始ります。大袈裟に言うならピアノのダンパーを使わない演奏みたいなものでしょうか。また演奏した曲はどれも良い曲だと思いますが、良いとこだけハイライト的に構成したせいでしょうか?、非常に感動したと言う感じにはなりませんでした。

各演奏が終わる毎に観客はスタンディングオベーションでアンコールなどもしていました。ただ私が感じた限りではオランダ人は音楽・芸術を堪能すると言うよりもこういったイベント自体を楽しんでいるのではないかと思いました。Opening Night ということでしたので、前夜祭、余興的要素が強いのかもしません。次の日の演奏はこの日とうって変わってやっとこさの演奏だったのですが、それも全てスタンディングオベーションでしたら。彼らにとってはすべてが最高というか、音楽自体はあまり深くは追求しないのではないでしょうか?そう言えばオランダ人の作曲家とかで有名な人はいなかった様な…。

曲の印象

(以下は聞きながらメモなので、まとまっていません)

リストのピアノ組曲

ピアノの迫力がすごい 低域が力強くて今まで聞いたピアノで一番きれいな音
またここまできれいな絃楽器もきいた事がない
ピアノと弦楽器の掛け合いの気持ちよさがまったくの異次元でした。
ロッシーニになって右にいた4本のコントラバスが中央に移動。
弦の美しさ特に低域が良い
ホルンの力強さもとても良い。ヒステリックな所が全くない。金管が安定している。トランペットが柔らかい。バイオリンよりもチェロ、ベースが美しい音。ソナスファーベルの音場で中高域を思いっきりクリアにしたような音。

メンデルスゾーン

金管が居ないのではないかと思うくらい柔らかい音。強いて言えばもう少し弦のキレが欲しい。
良い曲を少しだけかじるよりも全曲通して演奏したほうが良いのでは?

ベルディー

演奏の人数が増えて大迫力。華やか大音量、叙述的、情景が浮かぶ様。
一つ一つは良いが全体の曲の構成が今ひとつに感じました。
全てスタンディングオベーション。それとピチカートが弱かった。妻によると弦を指で弾かずに、弓で演奏していたとのこと(そういう奏法もあるそうです)。

次の日、9月15日(土)のコンサート

Nederlands Philharmonisch Orkest
conductor Marc Albrecht, piano Dejan Lazić

こちらはドレスコードの指定も無くそういう意味では普通の演奏会です。奏者もコンセルトヘボウ楽団ではありません。そのせいか値段も約8000円とこれまた普通です。ただ曲がいいのです。この値段でもホワイエのアルコールを含むドリンクは全て無料です。

(以下は聞きながらメモなので、まとまっていません)

ヤナセック シンフォニエッタ, JW 6/18

バス8本の構成(昨日はバス4本)、金管楽器がやや乱れる、弦楽器の中低域の厚み、澄み切った音が凄い。技量はコンセルトヘボウに劣る。
ほぼ全楽器が鳴った時の弦楽器の音の美しさは圧巻。
トランペットが柔らかい。ベースが力強い。バイオリンはそれほどでもない。

ラフマニノフピアノ組曲2番

ピアノ 低域が力強いがややこもる。弦が本当にきれい、最初ピアノの演奏がやや早い、指揮者もやっとまとめている感じ。欲を言えばピアノの高域の音色がややつまっている感じで、もう少し伸びが欲しい。ピアノの音量は相当大きい音だが、オケの総演奏には若干流石に音圧で負けている感じがする。こういった点は録音を聴いている限りではミキシングで調整されてしまうので解らない点だ。

それにしても、このラフマニノフの曲は壮大で、これを聴いた後の満足感は格別なものがあります。昨日のコンセルトヘボウ管弦楽団に比べると演奏技量自体がさほどなく、やっとこさ演奏しきったという感じだったのですが、途中、頑張ってという感じで心の中で応援する感じでした。それでもこういった大曲を演奏し切った(聴いた後)の満足感は昨日のコンセルトヘボウを聞いた時よりも大きいのですから不思議なものです。

3. ストラビンスキー 火の鳥

第2楽章の太鼓と共に始まる大音量の迫力がすさまじい。

オランダ人の楽しみ方

2日間演奏を聴いたのですが、ほとんど全てでスタンディングオベーション、たまにアンコールもやってました。ラフマニノフの2番の後にアンコールでピアノのソロをやったりしていましたが、個人的にはかえって”どっしらけ”です。日本でもよくありますが、こういった形だけの悪習はやめてもらいたいものです。

オランダ人はマリファナや売春(いまでも吉原の様な売春宿がある)が公認だそうで、日本の常識からすると、ぶっ飛んだ楽しみかたをする民族の様です。コンサートも楽しむための単なるイベントであって、芸術うんぬんみたいな余計な事は考えていない様に感じました。

コンセルトヘボウは音響工学を知らないとされる建築家が設計したそうで、窓を入れるなど音響的には非常識な設計をしたのに、演奏してみると音が良かったなどと紹介されいました。ただほぼ直方体で演奏者側を絞っていて、私には非常に合理的でまっとうな設計をしている様に見えました。日本にもこういったホールがあればクラッシックファンも数倍になると思いますが、良いとされているホールがまったくだめなので、音で魅了されてファンが増えるというメカニズムがないのが残念です。

最後に

これまでに行ったコンサートホール・演奏で印象を一言で表現すると、

  • プラハスメタナホール  チェコフィル ベートーベン 運命
    完璧の一言 音質、音楽共に最高に感動した極地 いままでに聴いた中でダントツの一曲 本当に酔いしれました。
  • リスト音楽院 モンタナロの指揮が素晴らしかった もちろん音質、演奏も完璧 曲目だけがちょっと残念 (ベートーベンの4番など)指揮(+もちろんそれまでの鍛錬も)が重要だということがよくわかりました。
  • コンセルトヘボウ 音質・音色・音場感が最高 ホールとしてはNo.1かな
  • ウィーン楽友協会 ホール 独特の低域の響きのあるホール 木管一本、1人の声でもすごい迫力の音がしました。
  • ベルリンフィルハーモニーホール 幾何学的に凝った作りですが、音質的には残念なホールでした

ということになります。

コンセルトへボウは行く価値のあるホールですので、機会があればぜひチャレンジしてみてください。

 

DVDプレーヤー SD-9500の続き -DVD-Audioを聴いてみた-

HDCDを聴く目的で購入したDVDプレーヤーSD-9500の音質が良かったと報告しましたが、このプレーヤーの目的はそれだけではありません。もう一つはDVD-Audioを聴きたかったからです。DVD-Audioって何?CDに映像用DVDが付いてるってこと?って言われそうですが、DVD-Audioはいわば幻のハイレゾ、早すぎたハイレゾです。なぜ今時DVD-Audioをやるかと

オーディオデザインの音すごくいい

BIG BAND STAGE 甦るビッグバンドサウンド DVD-Audio (192kHz,24bit)とCDの2枚組

いえば、・・・・答えは簡単、聴きたいソフトがあるからです(たったひとつですけど)。

このDVD-Audioは192kHz,24bitで立派なハイレゾです。ハイレゾ音源はもっぱらダウンロードが主流ですが、実際にはDVDの様なメディアに入っている方がおじさんにはとっても便利なのです。

もちろん廃番ですが中古でやっとこさ入手できました(中古で5000円近くしてとっても高いんですけど・・・・)。

今普通に流通しているのはCD+SACDのハイブリッド版のこちらです。

714csPxrJqL._SL1500_

CD+SACDのハイブリッド版

このCD・SACDは録音が凄くよくて気持ちが良いです。低域に厚みがあってぐいぐい押してきます。またSACDで聴くと中高音がなめらかになって更にいいのです。DVD-Audioで聴いたらどんなだろう?と常々考えていました。

結果はどうでしょうか?

実を言うとDVD-Audioの方はあまり良くなかった。中高音がかえって聞きづらくなってしまっていまいた。ちょっと音がヒスを起こしている感じですね。これはDVD-AudioというよりDVDプレーヤーの癖が悪い方に強調されてしまったのかもしれません。順番をつけるとこんな感じですね。

PCMが悪いのでもなくDVD-Audioが悪いわけでもないと思います。いろいろな結果が出るのがオーディオなので。

 

順位 プレーヤー フォーマット 音質
1 DCD-SA1 SACD 高音のきつさがなく滑らかで、同時に低音の量、質ともに向上していて1番良い。すべてが気持ちいい音
3 SD-9500 DVD-Audio PCM版で192kHz24bitなので1番良いのでは?と期待したが、CDよりも少し良い程度。Jazz系はSD-9500の高域の粗さの様な物が強調され合わないのかもしれない。
2 DCD-SA1/

SD-9500

CD SACDに比べるとちょっと高音がきついというか、ざらつくのが残念、ただ録音が非常によくCDでも素晴らしい。クラッシックではSD-9500がとても良く感じたが、このCDでは逆に劣るかもしれない。

HDCD再生目的で買ったDVDプレーヤーSD-9500がオーディオ機としてすごいんですけど

今回は一オーディオマニアとしてのトピックを紹介します。

SD-9500-DCP-240 021_front

黒いのがDVDプレーヤーSD-9500

世の中はハイレゾで賑わっているようですが、私は時代遅れなのかHDCDがマイブームです。HDCDとはCDと完全互換で20bitが再生できるシステムで、まだ規格しかなかった20年前くらいに一部のCDやCDプレーヤーで採用されていたフォーマットです。

「それなら今のハイレゾの方がずっといいじゃん」といわれそうですが、確かにその通り。ただ、特にクラッシックでハイレゾ音源をいくつか試して

SD-9500_032_HDCD_mark

HDCDを再生するとCDの上のHDCDランプが点灯する。

みましたが、特に録音が優れていると思えるものがなく、逆にがっかりしました。その点HDCDは逆で、ReferenceRecordings社の録音したものが良いのでよく聞いています。ここのCDはすべてHDCDフォーマットなので、HDCDが再生できるプレーヤーで再生したらどんなに良くなるのだろう?と常々思っていました。

パソコンでリッピングして20bit音源として保存する技もあるのですが、ちょこっと聴くときにPCにを立ち上げるのは面倒なので、やはりHDCDプ

SD-9500-DCP-240 019_rear

リアパネルはXLR出力もあってピュアオーディオ機の様

レーヤーがいいのです。

HDCDは今は現行機ではありませんので、昔の良品を探すしかありません。中古品でいろいろ物色していたら、DVDプレーヤーではあるのですが、こんなの見つけました。それは「TOSHIBA SD-9500」です。なんだピュアオーディオにはだめじゃん、と思われるかもしれませんが、ところがどっこいスペックや評判を見

SD-9500-DCP-240 022_800

専用リモコンがないのですが、東芝の一般的DVDプレーヤーリモンコンで再生、停止、早送り位はできます

てみると、なかなかすごい。

何しろ当時30万円で売りだした、東芝のフラッグシップ機です。

アナログデバイス社のマルチビットDACを使用し、ピュアオーディオ時には3chを一つにまとめるマルチDAC方式で聴けます。またすべての音源を192kHzにアップサンプリングする機能もあります。

51Gl0wsO5fL._SX425_

例えばこれがHDCDフォーマットのCD

その音はというと、中高域が済んでいてすがすがしい音、爽やかなおとでこれだけ綺麗な中高音を出すプレーヤーはないのではないかと感心してしまう音です。ただ残念なのは低音域でちょっとというか、そうとう軽い。出てはいるのですがズシーンという感じでは聞こえないのです。ですので全体的に音に厚みがないというか、もう少し力強さみたいなものが出れば完璧だったのですがおしいところです。ただそれでもこの中高域の爽やかさは魅力で、最近はもっぱらこのプレーヤーで聴くようになりました。

もともとHDCDにしたらどんなによくなるか?ということで出発したのですが、普通のCDのを聴いてもさわやかな音で、結局HDCDの効果よりもプレーヤーの音質差の方がはるかに大きく、HDCDそのものの効果はよくわからなかったのでした。

おかげ様で、これをかってからクラシックのCDを掛けることが多くなりました。

ここで、一つだけ注意点が。SD-9500の中古を探すと、怪しげなネットショップで在庫有りになっています。私は見事に詐欺にひかかってしまいました(詐欺にあったのは初めてかも)。その後、ちゃんとしたお店から購入しました。皆さんも購入の際は注意してください。