普段なら買わない製品を買って試してみたら その2・真空管アンプ

はじめに

真空管アンプのことはこれまで、ほとんど書いていませんでした。真空管アンプを使用した経験がまったくないわけではなく、私が中高校生位のころは自作していました。そもそもその頃は真空管アンプが普通だったので、6BQ5、6BG4、6CA7等のシングルアンプを作っていた記憶があります。出力トランスはタンゴのU608型という初心者用の小さいもので、これでコーラルの6CX501という同軸スピーカーを自作BOXで鳴らしていました。真空管アンプは柔らかい音がするとか、そもそもそういう音質評価のレベルに達していないので、今と考えるとただただ貧弱な音でした。

その後トランジスタアンプも造り始め、やがてメーカー製トランジスタアンプを使用するようになり、さらに社会人の頃はオーディオについては全くの空白となり、ついにはアンプメーカーを始めて現在に至っています。

真空管アンプとして代表的な300Bアンプなどはさぞかしいいんだろうなーと思いながら自分で所有したこともなく、じっくり聴いたことがないという状態でした。ユーザーの中には真空管アンプをご使用になっている方もいらっしゃいますが、自分自身としては特に興味がわきませんでした。真空管アンプの場合、回路はほぼ決まっていて、その音質は使用する部品の物量・品質で決まるというイメージがあります。そういう分野では独自性を発揮することも難しいですし、ビジネス的にも興味がないということもありました。

そうはいっても真空管アンプが好きな方もいるので、一度くらいはちゃんと聞いておいた方がいいでしょうということで、今回1台買ってみました。

購入したアンプと組み合わせ

購入したのは300Bのあるメーカーのシングルアンプです。300Bとしてはお手本というか、ちゃんとしたアンプだと思います。ただここでは都合で型名、メーカー名は伏せさせていただきます。

定評ある300Bアンプだが・・・

他社のアンプを購入するとその製品の質云々はもちろんですが、梱包、取説そのほかのサービス面が非常に参考になります。真空管アンプは輸送中に逆さにしたら真空管が抜けてトラブルになるのではと思いましたが、そうならないように上手に梱包されていました。さすが真空管アンプを販売しているメーカーだけのことはあります。

試聴にはいくつかのスピーカーと当社の機材を使用しました。

モニターオーディオ PL-200

B&W 804D3

Harbeth HLCompact 7ES-3

DAC DCDAC-180

プリ DCP-240

聴いた感じ

聴いた感じですが、初めての300Bアンプで期待は大きかったのですが・・・。

良い点

  • 低域の量感が多く、何を聴いても帯域バランスが(低音リッチで)心地良い
  • 耳障りな超高域がちょうどカットされているようで、ソースによっては含まれている耳に痛い成分が目立たない。
  • 弦楽器の音などが独特の聴きやすさでゆったり聴ける(リアルということではない)。金管楽器も木管楽器の様な音質になります。

残念な点

  • この点がまったくの期待外れだったのですが、現代の標準的スピーカーを駆動するには絶対的にパワーが足りません。
  • バスドラム、大太鼓などが入る音源では酷くて、完全に振り切れて音全部が盛大にひずみます。音量的に安全なのはテレビの音量くらいまでで、それよりちょっと大きくすると、派手にひずむことがあります。
  • この点がまったくの期待外れだったのですが、現代の標準的スピーカーを駆動するには絶対的にパワーが足りません。
  • オーケストラを聴くと音場も全体的に小さく、全体が濁って聞こえます。楽器それぞれの音が聞こえず、一緒にお団子になって何となくなっているという感じです。
  • 特に超低域(50Hz以下)は量が少ないというよりもまったく出ていないのでは?という感じです。特性上はとりあえず20Hz 近辺まで出ているはずなのですが・・・・。出ていないのに超低域が入ると振り切れるてひずむという印象です。

300Bアンプを活かすには

ガンガン鳴らすにはこの倍のパワーでも不足だと思います。そういった用途には送信管のシングルか、プッシュプルでないといけないのかも知れません。このアンプの場合38cmウーハーとホーン型の組み合わせの様な高能率SPでないと楽しめないのではないかと思いました。あるいはマルチアンプの中高音部なら全く問題なく良さを生かせるかもしれません。

こういった事は真空管アンプを知る人にとっては当たり前だったのかもしれませんが、巷の評価ではこのパワーで十分という声も多かったので意外でした。

このアンプ組み合わせるSPとしてはPL-200、804D3では、アンプの欠点を聴いている様になってしまい、よくありません。この中ではHarbethとの組み合わせが一番良かったように思います。とはいってもパワー不足という点は否めませんが。

もちろんこれが真空管アンプの音だというつもりはありません。送信管やプッシュプルアンプもあるので300Bシングルで不満があればそちらを試すべきなのでしょう。

終わりに

ということでせっかく購入した300Bアンプですが、私の環境では使い道がなく、あららという感じになってしまいました。

お待たせしました、パワーアンプを発売しました DCPW-120はDPW-240に昇華した!

気がつけばなんとこの1ヶ月でDACとパワーアンプをリリースしました。

パワーアンプの開発経緯について

まずつい先週にリリースしたパワーアンプDCPW-240を紹介します。え?DCPW-120はどうしたって? DCPW-120は辞めて240になったのです・・・え~~~。

詳しい経緯を話せば長くなるので省略しますが、結果的に2CHではなく4CH分のアンプを積んでステレオでバランス駆動出来るようにしました。その結果弊社ではバランス伝送を意味する200番台の番号にしました。つまりこのDCPW-240はDCPW-100の後継というよりも、DCPW-200(これもアンプは2CH分だけモノーラルでBTL駆動が可能)よりも、ある意味贅沢な構成になっています。ただDCPW-200にあった先進的な機能

・出力部のリレーを除去するダイレクト出力回路
・出力部コイルの(抵抗が半減する)特殊な巻き方
・アンバランス信号をバランス信号に変換する機能
・純銅性・超大型出力端子

などは省略してコストの上昇は抑制しました。

デザイン

大きさはこれまでのDCPWシリーズと同じです。ただデザインはオーディオを得意とするデザイナーの方にお願いしました。大きな面取りをした天板がアクセントになっていて迫力があります。しかも非常にバランスの良い、かっこいい外観はやはりこのデザイナーさんの力量によるところが大きいのです。

パワー

電源電圧、トランスなどはDCPMA-100と同じ100W+100W(RCAの場合)です。ただXLR入力の場合バランス駆動(BTL駆動)になりますので電圧が2倍、すなわち電力では4倍になります。ただBTL駆動では負荷が1/2になり、4Ωを4CH分駆動することになり、電力段の電圧降下が大きくなります(しかも電圧の低下はパワーに2乗で効くので影響も大きいのです)。結果的に400Wではなく、270W+270Wとなりました。また左右どちらかの1CHで測定すると、連続出力で370Wでした。音楽信号の場合、コンデンサ容量が大きいので、トランスから電流を貰わずにすみ、400W以上楽に出ると思います。

SN比

DCPW-240の残留ノイズは8.5uV(A)です。DCPW-100の6-7uV(A)に比較すると少し大きくなっているのですが、パワーアンプとしては通常より1桁小さい値です。DCPW-240ではパワー(出力電圧)が大きくなっていますので、SN比はDCPW-100よりも良くなっています。RCA入力の場合130.5dB、XLR入力の場合は134.5dBという値になりました。

ダンピングファクター

ダンピングファクター(DF)はDCPW-100で1500、DCPW-200で3000でした。DPW-240では、RCA時600との約半分になっています。これは出力抵抗の原因となるコイルとリレーが+-両方に入るためです。RCA時もあえてスピーカーの-側を電源のアースではなく入力ショートのアンプで駆動しています。これは整流時のリップルから逃れるためで、音質上この方が好ましいのです。

音質

肝心の音質ですが、DCPW-100は中高音の透明度が抜群で、低音域のダンピングも抜群でした。反面低域の弱いSPと組み合わせると聴感上線が細く感じる事がありました。

DCPW-200では非常に低域の力強さがある反面、中高域の透明度はDCPW-100の方が良い面もありました(それでも他社のアンプよりは遥かに透明度もいいのですが)。

今度のDCPW-240はそういった弱点がありません。中高音の透明度があり、かつ低域の重圧感、ダンピング感も完璧の様に聴こえます。それどころか、これまでの普通の音楽ソースを聴いても、微妙なニュアンス等を空恐ろしい程描いている気がします。

自分で作ったものは過大評価になる場合もあるので、正確には今後の他の方の評価を待つ必要がありますが、凄いというか想像を超えたというか、我ながら「アンプの音はここまでよくなるのか」と感嘆するばかりです。

以上新しく発売になったパワーアンプDCPW-240の概要でした。

製品詳細はこちらのホームページでも案内しております。

http://www.audiodesign.co.jp/DCPW240.html

尚、納期は当面1ヶ月程度とお考え下さい。

ワードプレスが何故かトラブリまして更新(閲覧も)できませんでしたが、この度やっと復活しました。WordPressは本来簡単なブログツールなのですが、サーバーのデータベースまで原因を見に行くなど大変な事になっていました。実は復旧した正確な理由もよくわかりません。とにかくご迷惑をおかけしました。

アンプのテストに使える危険な裏ワザ -安定化電源の音質差を探れます-

これからご紹介するのはちょっと危険な裏技なので、もし試す際はアンプ、スピーカー共に壊れても良いサブ・サブ・システムで行って下さい(高価なメイン装置では行わないこと)。

どういう裏ワザかというと、内部の電源に安定化回路を使用しているアンプで、安定化回路を使用した時と、安定化しない時の音質を改造なしに瞬時比較するという裏ワザです。

必要なもの

・試聴したいアンプで内部で安定化電源を使用しているもの、3端子レギュレーター使用のアンプなどでもよい(使用しているかどうか分からなくても差し支えありません)。

・スライダック(トランス式でAC電圧を100Vから落とせるもの)、サイリスタを使用した電子的なものは不可です。

・当然ながらスピーカー、CDプレーヤー等も必要です。

方法

slaidac

接続図はこんな感じ

試したいアンプのACコンセントをスライダックを経由して接続します。

スライダックの電圧を100Vに調節して、パワーアンプの電源スイッチを入れます。当然の事ながらアンプは正常に動作するはずです。

 

そこからスライダックを調節してAC電圧を60-70V位に落とします。パワーアンプの最大出力は半減しますがそれでも正常に音が出るはずです(それ以下では保護回路が働いてしまいます)。このAC電圧を60-70%に落とした状態だと安定化回路は全く機能せず、結果的に安定化回路を使用しない単純なリップルを含んだ電源になります。

両者の音質を比較することで、安定化回路を使用の有無による音質差を聴き比べることができます(最大出力が違うのでそこの違いが気になるという人もいるかもしれませんが)。

私が試した結果では、良質な安定化回路が組み込まれていると、安定化したほうが音のざらつきが取れて、カチッと定位も決まって繊細さが表現されて、安定化した方が音質は上質でした。

内部での直流電源電圧はこんな状態になっています。

img015_60V

安定化しない電源の電圧変動(AC70V)

img016_80V

中途半端に安定化回路が働いている時(AC80V)

img016_100V

安定化回路が正常に機能している時の電圧変動分(AC100V)

 

 

AC電圧を60-70Vくらいにすると安定化回路が働かないため、電源電圧には単純なリップルを含んだ波形になります。

 

 

 

電圧が80-90Vになると安定化回路が中途半端に働こうとするので半分平坦、半分は電圧が足りず急激に落ち込みます。

 

 

 

 

 

 

 

AC電圧が90-100Vになると正常に機能して電源電圧は一定になります。こうなると変動分は見えません。

 

AC電圧を落とすと、、出力リレーが落ちたりしますので、正常に音が聞けるとは限りません。また保護回路が機能しなくなったりする恐れや、そのたもろもろ危険性があるので、メインシステムでは試さないように注意して下さい。

プリメインアンプDCPMA-100発売のお知らせ

この度オーディオデザインではプリメインアンプDCPMA-100を発売いたしました。
製品詳細は12/10発売の無線と実験誌p.19-21(2016年1月号)にて紹介されております。

また無線と実験誌テクノロジー・オブ・ザ・イヤー2015もめでたく受賞いたしました。

DCPMA-100_068_crop_rev_il12

DCPMA-100の外観

DCPMA-100の注文受付を始めましたが、製品の出荷は来年1月下旬よりとなります。

テクノロジー・オブ・ザ・イヤー受賞を記念して、また製品のお届けに時間がかかることから、期間限定価格を設定させていただきました。

1/10までにご注文の方は20%引きの40万円(税別)にてご案内しています。この機会をぜひご利用下さい。

DCPMA-100製品紹介ページ

DCPMA-100ご注文ページ

img011_240無線と実験誌紹介ページはこんな感じです。記事は井上先生に書いていただいています。先生方にも大変高い評価を頂いています。

 

DCPMA-100-121715_061wSPs

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の製品と並べたプリメインアンプの写真。結構大きなサイズです。

 

ダンピングファクターを決めるものは何でしょうか? これです。

アンプの性能を表す指標にダンピングファクターがあります。実際のダンピングファクターの値はアンプによって様々です。

ところで、ちょっと意地悪で申し訳ございませんが、ダンピングファクターを大きくするために次の内で有効な項目はどれでしょうか?

  1. トランジスターなど出力段素子の出力抵抗が小さいものを使用する
  2. トランジスターなど出力段素子を並列接続して出力抵抗を小さくする
  3. 出力段のエミッター抵抗を小さくする、もしくはエミッター抵抗を無くす
  4. NFB量を大きくする
  5. 上記すべてが効く
  6. 上記すべてが効かない

答えはこちら

正解) 6. 上記すべて効かない

です。それでは何がダンピングファクターを決めているのでしょうか?
実は出力部の配線抵抗です。出力段の出力部からアンプの出力端子までの抵抗分をいかに減らすかが重要で,実際にはここでダンピングファクターの値が決まっています。

DF-NFB

ダンピングファクターの決める箇所の説明図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故こんな説明をするかというと、ダンピングファクターについて誤解している人が多く、弊社のアンプのダンピングファクターが大きいのはNFBを大量に掛けているからでしょ(だから音質には良くないですよね)という人が結構いるからです。
出力段のトランジスターやエミッタ抵抗は、確かに出力に影響するのですがNFBのループ内にあるのでその影響が1/1000以下に低減されています。出力段の出力抵抗が1ΩあったとしてもNFBのおかげで実質的には1mΩになっているのです。ですので実際にはダンピングファクターに影響しません。実際出力段直後の点でダンピングファクターを計測するとどんなアンプでも5000位にはなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

普通の市販プリメインアンプアンプパワー部の基板(左上が出力リレーと出力端子)

反対にNFBループの外にあるコイル、リレー、それらの配線材の抵抗はそのまま出力抵抗になるので、ここでダンピングファクターが決まっています。リレーなどをプリント基板に実装して配線したりすると(ほとんどのパワーアンプがそうですが)、すぐに500位に低下してしまします。

コイルは実際にスピーカーを使用する環境で高域のインピーダンス上昇を抑えるもので、アンプの安定性を確保するためには必須です(と教科書に書いてあります)。実際にはコイルに抵抗(10Ω位)を並列接続してダンピングして、コイルの影響でピークができるのを防止します。

IMG_2944_320

パワーアンプDCPW-100の内部配線(上の写真と比べて欲しい) 出力部はプリント基板を使わず圧着端子で配線

当社のパワーアンプ(DCPW-100)はリレーに超大型のものを使用して、極太のケーブル5.5-8mmスクエアの配線材を使用していますので1500という値になるのです。

DCPW-200の場合はリレーを出力部から取り去って(電源供給側に移して)3000という値を達成しています。

ちまたのアンプでは大胆にも(本来必要な)コイルや保護回路を設けていないものもあり、そういったアンプでは4000-5000という表示になっています。

ダンピングファクターが音質に与える影響

ダンピングファクターと聞くと大きい方が低音のダンピングが効くというイメージが有りますが、数百以上であればそうとも言えないと思います。ダンピングファクターという名前が付いたのは真空管アンプ時代の話で当時はダンピングファクターが1とか10という時代だったので、その時は実際にダンピングに効いたのだと思います。

逆にダンピングファクターは小さくするのは簡単で、出力に抵抗を挿入すれば小さくなります。実際にダンピングファクターを小さくして聴いてみると、高域がおとなしくなって若干聴きやすい感じにはなります(それがいい音かは別にして)。

現代の半導体アンプではダンピングファクターは出力配線の立派さを表しており、必ずしもスピーカーのダンピングに直結するものではありません。ただDFがいい方がまじめに作ってあるアンプということは言えます。

ただし無帰還を謳うアンプではNFBループが形成されないものがあり、こういったアンプでは極端にDFが小さくなり、低域の質感が悪くなります。かわいそうなのはこういったアンプだけを聴いていても本人はその弱点に気づかないことが多く、DFのよいアンプを聴いて初めてその違いに驚かれた方もいらっしゃいます。

まとめ

要するにダンピングファクターというのは(出力部の)配線をどれだけ真面目にやったかという証なのです。ダンピングファクターはダンピング(制動)ではなく、配線のダンピング(不当廉売)ファクターと言う方があたっているのかもしれません。

パワーアンプのモノーラル(BTL接続)が予想外に良かった件

パワーアンプのモノーラル化について、これまで必ずしも積極的にお薦め出来るとは考えていませんでした。

ただお客様の(他社のアンプを使用した)これまでの経験ではモノーラルにすると良くなるとおっしゃる方が多かったのも事実です。初代パワーアンプDCPW-100についてはモノーラルアンプとしての使用は出来ませんでしたが、2台を使用して(LowとHighで)バイアンプ駆動を試された方などはいらっしゃいましたが、「違いはすこしなのでやっぱり1台でいいや」とおっしゃる方多かったのも事実です。

DCPW-200に関してはモノーラル(BTL接続)としての使用もできるようになっていましたが、これはどちらかと言うとお客様の要望に答えるというのが目的で、製作者としてはモノーラルの方が絶対に良いとは考えていませんでした。
DCPW-200を開発した際、BTLモノーラル接続でも試聴したのですが、確かに1台でステレオとするよりも、躍動感といいますか弾けるような音離れの良さは感じたのですが、2台使用のほうが明らかに上といいますか、2台(2倍の)価格に見合う音質向上とは正直思えませんでした。

先日DCPW-200 1台をご購入いただいたお客様で、もう1台追加して(モノーラル使用で)2台のDCPW-200で使用してみたいという方がいらっしゃいました。念の為に最初の1台を一旦お引き取りし、1台目と2台目の両方をチェックして納品させていただきました。この際、改めてBTLモノーラル仕様で聴いてみましたが、これがとても良かったのです。低音部の量感や力強さが明らかに増して、全体的にさらに上質になった様に感じました。開発当初にテストした印象とは大きく異る結果となりましたが、そのテストした当時との違いはSP(部屋)のレイアウトを変更したこと、SPケーブルをワイヤーワールドのものに変更した位で、結果が決定的に異なる要因とも思えないのですが、オーディオはデリケートで不可解なところもあるので、そういうこともあるのでしょう。

お客様のところに納品した際も、同様に音質が向上しており、お客様にも2台目を購入してよかったと喜んでいただきました。特に高音域が(もともととても澄んだ音色ではあったのですが)より良くなったとのことでした。


DCPW-200、2台でテストしている様子

2台のパワーアンプを使用して接続する方法には2通りあります。

2台のパワーアンプを使用する際1台をBTLモノーラルにして接続する方法と、通常の2CHアンプのままHIGH、LOWに振り分けてバイアンプ駆動にする方法があると思います。こちらでテストした印象ではBTLモノーラルの方が総合的には良いように思いました。バイアンプ駆動にすると中高音域がはっきりするようには聴こえるのですが、帯域のバランスが若干くずれ、低域が目立たなくなってしまいました。HIGHの方をすこし音量レベルを落とせばバランスがとれたのかもしれません。

BTLモノーラル駆動は負荷インピーダンスが1/2になるので不利だと思っていましたが・・・
BTLモノーラル駆動は電子工学的に考えると、負荷インピーダンスが1/2になります(ので不利だと思っていました)。
どういうことかといいますと8ΩのスピーカーをBTLアンプで駆動すると4Ωの負荷を駆動していることになるので、アンプに取っては負荷が重くなって不利だと思っていたのです。

ただよくよく考えてみると、同じ音量を得るのに(同じ電力をスピーカーに供給するには)BTLの場合は出力電流は同じで出力電圧が1/2になるので、原理的にBTLの方が有利だったのです。8Ωのスピーカーで2Wの出力が必要な場合、BTL、と通常のアンプでの動作はこのようになります。

通常アンプでの出力電圧と出力電流
BTLアンプでの出力電圧と出力電流

BTLアンプではと同じ音量を出す場合、出力電圧は1/2に出力電流は同じになるのでむしろ有利になります(不利な点な無いのです)。

これがBTLアンプにすると音質が良くなったひとつの原因かなーと勝手に納得しています。

———————————————————————————————————————音質劣化の無いオーディオセレクターHASシリーズ
セレクター
スピーカーセレクター
ラインセレクター
バランスラインセレクター
 

おすすめのオーディオ本

ƒI[ƒfƒBƒI_ƒJƒo[

オーディオデザイン社の社長が書いたオーディオの本です。ホームページのブログ、コラムに掲載したトピックの中から50を厳選。オーディオの常識の落とし穴をエンジニアリング的に解説しています。アマゾンのページはこちら オーディオデザインの機器設計のコンセプトを知る上でも役に立つ一冊です。———————————————————————————————————————

--------------------------------------

パワーアンプDCPW-100

パワーアンプDCPW-100のご購入はオーディオデザインの直販サイト

パワーアンプDCPW-100の詳細情報はこちらのホームページ

 

--------------------------------------